北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
最新のコメント
以前の記事
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
マリンスポーツランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

戦い

どこから来たのだろう・・・。

マリーナにハトがいる。
平和の象徴とか言われ、
公園・神社の境内などによく生息しているが、
マリーナでは、外敵以外の何者でもない。
マストトップに留まって
ウインデックスや電子機器のセンサーなどを破損される。
そして、落下物(うん)も半端じゃない!

グランド・バンクスが居心地がいいのか、
いつも、そのグラバンに留まっている。
数えると28羽もいた。
そして近づいて見ると・・・。
わぁ~
こんな事になっていたのです。
運(うん)が付いたなんて言ってる場合じゃない!


エスカルゴにも、何らかの対策をしなければ・・・。

こうして、鳥との戦いが始まったのです。

まず、
白いアクリル板を入手。
レモン型にマスキングをして、
黒のカンスプレーでシュウシュウする。



使用済みのCDを貼り付ける。


おっ!  怖っ~! 
暗闇でこんな物に出会ったら、
鳥でなくても
腰を抜かすわい!

どうだ!ハト! 目ん玉を丸くして驚くがいい!







Tags:# 
■  [PR]

# by eekaze | 2014-11-24 13:31 | ヨット | Trackback | Comments(0)

近況

ふと気がつくと、
3ヶ月もブログ更新を怠ってしまった。

しかし、考えて見ると
ぼくは、
夏休みの絵日記を2枚以上書くことが出来なかったんだ。
それが・・・。
2007年9月に始めたブログ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/eekaze/diary/200709070000/
それからもう7年間も続いている。

----------------
最近、海辺で出会う方々から
「今度は、どちらへ?」
と、よく聞かれる。
これまで各所へクルージングした時の全体の思い出は、
日が経つにつれ、薄れてくる。
それに反して、
心を打った数々の場面は、
日々濃くなっていく。
こんな気持ちが、オーバーフローした時、
また、出発? かもしれない・・・。

----------------
最近、アンカーリングをする事が多くなった。
目的もなく、舟を出し気に入った島影で
風向・水深を定めてアンカーを打つ
そして、一夜を過ごす。
完全に陸から隔離され、体全体の毛穴から自然が入ってくる。
きっと、エイリアンに寄生された時、こんなかも・・・。
ヤバ~

アンカーリング(エイリアン)ポイントは、こんなに沢山ある!














Tags:# 
■  [PR]

# by eekaze | 2014-10-01 10:13 | ヨット | Trackback | Comments(2)

マウグ島

まだ、
外洋航海の経験の無かった、20年以上前、
南洋からヨットで帰って来た人から密かに聞いた話・・・。
グアムと小笠原の間に、ヨットでしか行く事が出来ない
C型の島があったと言う。
そして
C型の割れ目からは、中に入る事が出来て
中に入ると、波もなく平穏で・・・。
外海と全く違う世界で・・・。

話を聞きながら、
「パイレーツ オブ カリビアン」に出てくる
神秘に満ちた、島を想像した。
きっと、財宝を隠した洞窟があるはず・・・。
そこに行くと、美しい女神に逢えるはず・・・。
そして、
そのC型の島は、
これまで、自分の中で「訪れたい島・ベスト10」
でトップの座を譲り渡す事は無かった。
大海原のC型島・・・。
でも、名前も場所も知らなかったのだった。

今回、
グアム・ヨット旅が実現しそうになった時
最初にネットで調べたのは、
当然、C型の島だった。
-------------
その島の名は、「マウグ島」
北マリアナ諸島にある。
かつては火山でありその外輪山が北島、東島、西島の三つの小島になっている。
現在は無人島。
かつての火口カルデラは、三つの島のに囲まれた入り江となっている。

-------------
グーグルアースで上空から探す。
見つけたど~!
そのポジション(緯度・経度)を
つかさず、GPSにインプットした。

--------------
広島を出て、土佐清水・小笠原経由で
約1200マイル先、
24日目の5月12日 午前4時40分
エスカルゴの向かっている、真っ正面の水平線にその姿が現れた!
「マウグ島」だ!
ついに、大海原のC型島「マウグ島」へやって来たんだ!

風は、15~20ノットの北風
2~3mの波も立っている。
島に接近する事自体が怖かったが、
南側の入り口近くに到達した時、島のブランケットになった。
このタイミングでセールを全部下ろし、機走に切り替えた。

ゆっくり・ゆっくり、割れ目から島の内に入る。

「そこで見たものは! こ~れだっ!」

写真 a

写真 b

写真 c

写真 d

写真 e





女神や財宝は、定休日で逢えなかったけど・・・。
間違いなく、そのC型島の中に入ったんだ!

この目に焼き付いた景色は、一生消えないだろう。




■  [PR]

# by eekaze | 2014-06-30 18:42 | ヨット | Trackback | Comments(2)

西之島

5月4日
小笠原・父島へ行く途中立ち寄った、
今尚成長している島、「西之島」!
1時間余り、滞在して撮ったムービーを8分程度にまとめました。

安物のデジカメで撮ったので、
風がマイクを通過する雑音が、「バリバリ」って入ってます。
音を編集すると、噴火音が消えてしまうので、
そのままアップしました。
「グォ~ン」ってジェット戦闘機のエンジン音に似た音が、
火山の噴火音です。
島が吠えているようです。
地球の息吹を感じました。
音量を上げて、ご覧下さい。





エスカルゴが訪れた後、6月2日にテレビの取材カメラが行ったようです。
その番組は、こちら↓








■  [PR]

# by eekaze | 2014-06-15 17:53 | ヨット | Trackback | Comments(1)

帰港

2014/06/12 0730JST
ホームポートの沖野島マリーナへ帰港した。

大畠の瀬戸を通過すると海が真っ平らになる。
そこは、広島湾!
そこに浮かぶ沢山の島々の美しさ・・・。
揺れない船に美しい風景・・・。
「やっぱり、青い鳥は、地元にいたんだ!」
------------------

桟橋へ着けて、
ゴミを出し、寝具・マットを干し、デッキを洗う。
こざっぱりしたエスカルゴを見て、
55日間、3300マイルの旅の終わりを感じる。
------------------

雄大な自然と
ちっぽけな自分。

旅先で出会う人の温かさ。

そして、一緒に旅をしたヨット仲間。

沢山の事を思い出しながら
音戸橋のたもと「シオン」の湯に浸かる。
-------------------

素晴らしい旅を ありがとう!!













■  [PR]

# by eekaze | 2014-06-14 09:50 | ヨット | Trackback | Comments(2)
< 前のページ 次のページ >