エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


持って行く物

b0139168_947206.jpg

写真右から

1.お好み焼きのヘラ
:広島といえばこれ!  おたふくソースは、すでに船にあるからOK!
定番は、「そば・肉・玉子」

2.木べら
:たまたま100均で発見。あれば便利かなぁ~

3.ジップ付ナイロン袋
:これにハンディGPSとオートヘルムのリモコンを入れる。
 パイロットハウスを越えて「おっさん波」がコックピットへ乱入してきても、
 電子機器を守る。

4.木片
:ビルジポンプのオートスイッチが船の揺れで、うまく作動していない。
 スイッチをこの木片に固定してビルジ溜め底部に接着する。
 この木は、アイアンウッドと呼ばれ比重は水より重く、
 そして10年以上水に浸かっても腐らない。(らしい)

5.酔い止め薬
:これなくしては、ヨットに乗れない。
 しかし、酒の酔い止めには効かない。

6.両面テープ
:船内の固定してない物をこれで固定する。

7.ビルジフィルター
:海を汚したくないのでビルジは、このフィルターを通して海に捨てる。
 これまで使っていた物がかなり汚れてきたので交換する。

8.蛇腹のパイプ
:ギャレー海水用の蛇口から水漏れがある。
 ホームセンターで探した蛇腹のパイプと取り付け用の金具。
 上手に取り替えが出来るだろうか?

9.マキロンキズ消毒液
:前回、ある港でヨットに乗り降りするとき、岸壁でひざをすりむいでしまい
そのまま放っておいたら化膿してなかなか完治しなかった。
今回は、ちゃんと治療しよう。

10.塗装用の養生シート
:別に塗装をする訳では無い。
 大きな波を被った時にハッチから水が入ってくるので
 この養生シートを内側よりハッチの回りに張り付けて漏れた水をビルジに導いてやる。
 これでバースクッションをドライに保つ事ができる。かも?(自信ない)

11.養生テープ
:これは、万能テープだ。剥がしても跡が残らないので船内色々なところで使用する。
 毎日の気象情報を壁に貼り付けたり、牛乳紙パックの蓋を貼ったり、
 カレーとか沢山作って鍋で保存するときも鍋蓋をこのテープで貼り付ける。
 船が揺れても安心!


※船の電気ドリルが調子悪いので別のを持って行こうか?
 米は、広島で買ったほうが絶対にうまい。 
 しかし、どんどん重くなってしまう・・・。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2009-06-29 09:54 | ヨット

沖野島だより

エスカルゴのホームポートは、
瀬戸内海は、広島。
広島は、江田島。
江田島は、沖野島にある沖野島マリーナです。
ここは、
風が吹いても波の立たない瀬戸内海の中で、もう一重に島と入り江に囲まれ、
防波堤が無いのに、全く船が揺れない、素晴らしいマリーナです。
キャビンのテーブルに鉛筆を立てても倒れません。 酒瓶も普通に立てて置いてある。
こんな素晴らしいマリーナから、定期的に「沖野島だより.pdf」が送られてくる。
何と、
今回の「沖野島だより」に、「エスカルゴ」ブログが紹介されてるではないか!
http://www1.sphere.ne.jp/toss
きっと何人か新しい人がこのブログを訪れて下さるだろう。
(いらっしゃいまし~)OH! 何って こった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の沖縄クルージングに出発する時、
マリーナの方に「帰りは、日食を観てきます」って言って出発した。
なのに
エスカルゴは、日食の日を外してトカラ列島を北上する事にした。
トカラ列島・南西諸島←→沖縄は、島伝いに行けば夜航行しなくても沖縄まで行ける。
この離島めぐりがとっても素晴らしい。 
各島で出会う人たち、おいしい食べ物・温泉、あげると、きりがない。
南下の時、お世話になった方々に また会い、心ばかしでもお礼がしたい。
そして、また楽しい一時を過ごしたい。
日食の前後は、トカラの島々は、港への入港が制限されているらしい。
トカラ列島を入港せず通過する事は絶対出来ない。
よ~っし!
日食は、テレビで観よう!
そんな考えで、7月3日の飛行機で沖縄入りします。
予定通りなら6日に宜野湾を出港し、慶良間諸島経由で北上します。
また、どんな事が起こるか?
空飛ぶヨット「エスカルゴ」  さあ発進だ!
b0139168_21311340.jpg

写真は、慶良間諸島・渡嘉敷島の海です。 海の色は、着色してません。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2009-06-26 21:37 | ヨット

おっさん

この前、
「間 寛平 アースマラソン」のブログで
突然出現する三角波の事を「おっさんのパシリ」って書いてあった。
これ、おもろいなぁ! 
エスカルゴでも、波の事を「おっさん」と呼び始めた。
しかし、
広島湾あたりで発生する普通の波は、「おっさん」とは呼べない。
フェリーとか本船の引き波も「おっさん」とは呼べない。
だから
広島湾には、「おっさん」は出現しない。
b0139168_21213630.jpg

白波を携えた波、それもウサギではなくシロクマを携えた波を「おっさん」と呼ぶ。
見渡す限りシロクマに囲まれた時は、「おっさん100人」になる。
これは、すごい!
今回の沖縄前半クルージングでも何度か遭遇した。
こうなると、船内で固定してない物は、すべて宙に舞始める。
「おっさん100人」の舞だ。
パイロットハウス天井窓のロックを閉め忘れていた為、
突然その窓を開けて「おっさん」が1人、乱入して来た事がある。
その時のブログ↓
http://eekaze.exblog.jp/10780214/

不幸な事にハッチの真下にバッグが置いてあった。
バッグの中は、シロクマ級の「おっさん」の置きみやげで、ずぶ濡れになった!
ナイロン袋に入れて密封していた、使用済みの衣服のみ健在。
何てこった!

そんな事件も思い出話になり、
広島へ帰って、もう少しで2ヶ月になる。
やっと心・体も社会復帰が出来、普通になってきた。
そろそろエスカルゴを迎えに行かなければ・・・。

しかし
一緒に行ってくれる人が、決まらない。 
困った。
そこへ、助人 Aさんが現れる。
とっても嬉しい、大歓迎だ!

また数日後、助人 Bさんが現れる。
とっても嬉しい、大歓迎だ!

また数日後、助人 Cさんが現れる。
とっても嬉しい、大歓迎だ!

また数日後、助人 Dさんが現れる。
とっても嬉しい、大歓迎だ!

また数日後、助人 Eさんが現れる。
とっても嬉しい、大歓迎だ!

「ありがとう!」
本当に嬉しいです。
沖縄→広島クルージングをエンジョイしましょうね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふぅん? あれ~。

船内、 本物の「おっさん」だらけや~


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2009-06-16 21:26 | ヨット

YouTube

たまたま発見した、お勧めのムービー。

ウィンドボードや大型トリマランとか、
色々なセーリングボート(ボード)が一堂に集まり
ひたすらアビームで行ったり帰ったり、ぶっ飛んで行く。
スピードは、30ノットを超えている。
コミッティボートのようなフラッグを掲げたボートも写っている。
どうやらレースをやってるようだ! しかしこれでは、完全に異種格闘技だ!
レーティングとか、そんな野暮な物・・・、 あるのかなぁ~ 無いんだろうなぁ~

これ、誰か解説出来ます?
教えて下さいな。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2009-06-08 21:49 | ヨット

エスカルがいない週末

毎週末、エスカルで過ごしていたのに、
いったい何をすれば・・・。

よ~し!
ガレージで眠っているFLHRをゆすり起こしてやろう!

最後に乗ったのは、いつだったろう?
思い出せない?
ブログを調べて見ると、
2007年11月にツーリングを計画したが未遂に終わっている。
その時のブログ ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/eekaze/diary/200711140000/

前回の失敗を教訓に、
今回は、ちゃんと整備をするぞ!
まず、バッテリーを充電する。
セルは回るようになったが、エンジンが始動しない。 そんな事は想定済みだ。

今度は、キャブレターを分解する。
やはり、予想通りジェットやノズル各部が詰まっている。

半日かけて整備の後、ピカピカに磨いて、よし準備OK!

5月31日(日)
朝7時30分、山口県周防大島へ向けて出発。
エンジンは、快調だ!
吹き上がり・アイドリングも安定している。
相棒のBMW君と宮島口で合流。

b0139168_9194391.jpg


いつもは、ヨットで通過している大畠瀬戸を橋を使い通過。
大島の狭い山道を走り島をほぼ一周する。
ホイルベースが長く重量の重たいFLHRにとっては、
乗り手の未熟さも手伝って至難のコースだった。

安下庄の竜崎温泉で休憩、昼食にする。

席に着き、ふと隣りを見た。
何と・・。
何と・・・。
何と・・・・。

あの有名な ◎崎さんが座っているではないか!

さっそく合流して、盛り上がる。

「また、やっちまった。」


[PR]

by eekaze | 2009-06-03 09:27 | ヨット