エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


openCPN

 無料ソフト「openCPN」+「C-map」の旅は続く。

沖縄から小笠原へクルージングするとしたら・・・。
たぶん、島なんて無いし・・・。
グリグリ
「おおっ! なんか島ある!」
b0139168_929368.jpg

拡大してみる。
「南大東島」
ほっほう~ 
これが、ラジオの天気概況でよく聞いた
「南大東島では、風力○○、気圧○○ミリバール・・・」
なんて放送してた、あの「南大東島」なんだ。
--------------------------------------------------------------
よし!
比較.com をやってみよう~
まずは、ガーミン付属のブルーチャート
b0139168_9381783.jpg

次は、c-map
b0139168_9372143.jpg

そして、google earth
b0139168_939521.jpg

どれも、似たようではあるが、
ブルーチャートは、ジャガイモ2個って感じで、どうよ~
でも実用面では、どれでも合格かな?

南大東島には、ヨットの入港できる港があるんだろうか?
クリクリクリ・・・(拡大)

ブルーチャート
b0139168_9481372.jpg

ようわからん。
海岸線以外、情報がない。
やはり、ジャガイモ状態だ・・・

C-MAP
b0139168_9502231.jpg

おやおや、何だか小さな○が並んでるけど・・・
いったいこれは何なんだ?

google earth
b0139168_95338100.jpg

出た!
さすが!
港の形や入港中の船まで写っているではないか!
--------------------------------------------------------
これは、どう見ても、間違いなく
google earth(以下GE)の優勝だ!
GEには、GPS機能も付いているのでPCをヨットに積み込んで
ナビをすれば、精度の高いナビが出来る。かな?
でも、問題点がある。
1.陸地を離れるとインターネットに接続できなくなる。
2.GEには、航路標識・灯台等は表示されない。
-------------------------------------------------------
探せばあるもんで・・・(探してない、実はある人から教わった)
http://yachtvalhalla.net/
このサイトの{Navigation}って所に詳しく書いてある。
が、
「やっぱり・・・英語じゃ・・・」
翻訳サイトを使い、和訳してみたが、今度は、日本語がわからなくなる。

2週間、格闘の末、やっとここまでこぎつけた。
1.の問題は、GEのキャッシュ機能を使えば、2ギガまで詳細画像が保存されるらしい。
2.の問題は、こんな所まで発展した。↓
b0139168_10125847.jpg

openCPNの画面を動かすとGEの画面も連動して動く。
GPSで受信すると、両方の画面に自船のマークが表示される。
「ヤホー、これはすごい!」
当然、ズームアップすると、GEの画面も連動してズームアップされる訳で・・・。
b0139168_10174174.jpg

-----------------------------------------------------
瀬戸内海を見てみよう!
ホームポート・沖野島マリーナ近辺
「ほうほう、左画面には筏もはっきり写ってるし、右画面は航路ブイも表示されてる」
「OK・OK!」
b0139168_1036582.jpg


ズームイン!
b0139168_103652100.jpg


やっやっ!

写っとる、写っとる、エスカルゴの横にフリッパーが!

って事は、

エスカルゴの中では・・・。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2012-02-25 10:30 | ヨット

ロビンソン

「OpenCPN」ってPCでチャートを表示するソフトが無料でダウンロードできる。
ついでにCマップも入手した。
---------------------------------------------
さっそく、セットアップして
太平洋全体を表示して見た。
「ふむ、ふむ、ここがハワイで、ここがガラパゴス」
「よう出来とるのぅ~」「しかし・・・英語がわからんのぅ」
「フィジーがここでタヒチは・・・。」
こんな事をしているとき
南米チリの沖に小さな点を見つけた。
b0139168_829178.jpg

「へえ~こんな所に島があるんじゃ。」
「どれどれ、クリクリ・・」
ズームアップして驚いた!
OH! はあ~?
なんとその島の名前は、
「ロビンソン・クルーソー島」なんだ!
b0139168_8345639.jpg

b0139168_8373816.jpg

なんか、ふざけとるのう!
あの、子供の頃、読んだ、
「ロビンソン・クルーソー漂流記」
ひょっとして、あの島がこれかぁ?
でも・・・。
あれはフィクションのはず・・・。
----------------------------------------------------
さっそく、グーグル先生に聞いてみた。

「ロビンソン・クルーソー漂流記」
1700年代にイギリスのデフォーって人が書いた物語で
 難破し、カリブ海の無人島に流れ着いた船乗りの28年間に及ぶ
サバイバル生活を描いた冒険小説だった。
やはり、フィクションである。

が、しかし・・・。

その小説に実在のモデルがいるらしい・・・。
1704年 帆船時代
船長と喧嘩した航海士「セルカーク」ってイギリス人が
南米チリの沖合い670km(約368マイル)の無人島に置き去りにされる。
その後、救出されるまで、4年4ヶ月のあいだ
1人でサバイバル生活をしていたんだ。
その島の名前は、
「ファン・フェルナンデス」
1966年
「ロビンソン・クルーソー島」に改名された。
-----------------------------------------------------
(グーグル検索は、続く)
-----------------------------------------------------
 日本人の「高橋大輔」って人が1994年から10年の歳月を費やして
この島を探検している。
300年前のサバイバルの痕跡を探すために!
そして、だ!
ついに、300年前のセルカークの住居跡と
使用していたディバイダの先端を発見したんだ!
その詳細は、本になり出版されている。
b0139168_922864.jpg

-------------------------------------------------------------------
今度は、「Google earth」でグル・グル。
b0139168_9372065.jpg

矢印のところが唯一の港(砂浜)だ。
セルカークや海賊達もこの砂浜から上陸したに違いない。
Google earth内、写真のマークをクリック!
これまた、驚いた!

b0139168_941274.jpg

OH!

ヨットがアンカーリングしてる!

「行ってみたいよぅ~」



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2012-02-10 09:49 | ヨット