エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


USA B2 ビザ

普通、USAへ行く場合、
ネット経由の簡単な手続き(ESTA)を行い
復りの切符を持っていれば、
自由にUSAへの入国が出来る。

ヨットで行く場合、
復りもヨットで帰るので
当然、復りの切符を持っていない。

復りの切符を持っていない人は、
色々な理由を付けて、USAに居座ってしまう可能性がある。

このような論法で、ヨットでUSAへ行く場合
ESTAではなく、
B2ビザを取得しなければならないそうだ!

B2ビザって何?
さすが、困った時のグーグル先生だ!
何でも教えてもらえる。

まず、「DS-160」の申請をPCで行う。
画面は、英語になっているが、
右上にある、「Select Tooltip Language」で
日本語(Japanese)を選ぶと、カーソルを当てた所の英文が
日本語に翻訳されるので、わかりやすい。
記入項目は、すべて英語(ローマ字)で行う。

途中でデジタル写真を送る画面がある。
この写真は、大きさとか顔の位置とか背景とか
色々決まりがあるので。
こちらのページのアプリを使うと簡単にできる。

がんばって、全部記入できたら、
申請料17600円をオンラインで払い面接の予約を入れる。

面接当日までに、面接時持って行く書類を揃える。

a.パスポート原本
b.オンラインビザ申請書DS-160確認ページ
c.6ヵ月以内撮影のデジタルカラー画像1枚
d.面接予約確認書
  (DS-160で面接予約が取れた時にプリントアウトする。)
e.クリアファイルを2つ
f.英文残高証明書
g.経営されている会社の登記簿謄本1部とその英訳
  (会社経営者でない場合、就労証明書)
h.所得証明書・英文
  (役所で入手する。)
i.英文旅行計画書・英文
-----------------

これらの書類を持って面接予約日に、大阪領事館を訪れる。

JR大阪駅から徒歩10分

すでに、
領事館前には、20~30人の列が出来ていた。
そして、何より驚いたのは、
警察機動隊がバスでやってきて、物々しい警備をしているんだ!
寒い中、警察官3名が門前に立って退屈そうに警備をしている。
だが、
どうでもカーテンを閉めたバスの中が怪しい!
中で休憩している機動隊員が、かなりいるようだ!
バスのドアが開いた時、ちらっと見えた!
b0139168_18534276.jpg

ビザ申請者は、
5人づつ領事館内へ入って行くシステムになっている。
待つこと40分、自分の順番がやってきた。
飲み物ペットボトルは、持ち込み出来ないので入館前に提出する。
なぜか、妙に緊張する。
b0139168_1854411.jpg


館内に入ったら
携帯電話・デジカメ・充電器・等、デジタル機器を預ける。
そして、空港等にあるのと同じ様なセキュリティゲートを通過し
手荷物をスキャナーにかける。

エレベーターで3階に上がり
受付で書類の不備が無いかチェックを受ける。
隣りの窓口で指紋の登録を行う。
5人づづの入館なので、待ち時間も少なくスムーズだ。

それが終わると、いよいよ面接だ!

自分の順番がきて、緑ランプの点いた面接カウンターへ進む。
ガラスの向こうには、青い目の女性が座っている。
こちらは、銀行のカウンターのように立って応対する。
声は、マイクとスピーカーを通じて話せるようになっている。

いきなり・・・英語だ!

「・・・何人で・・・?」って聞かれたような気がしたので、
「3or4」って答える。

今度は、
「・・・・どれ位?」って聞かれたような気がしたので、
「One マンス メイビー」って答える。
中の女性は、驚いた顔をしているが、構わず無表情で対抗する。
何が「どれ位?」だったんだろう?

次の質問、「・・・・目的は?」って聞かれたような気がしたので、
「クルージング アンド サイトシーン」って答える。
今度は、うなずいている。
通じたようだ・・・。

中の女性は、PCを見ながら黙ってしまった。
質問に戸惑っているのか?

数10秒の沈黙の後、
「・・・・・・ビッグウェイブ・・・?」
手で波のジェスチャーをしている。

衛星経由で気象情報をサポートしているから大丈夫!
って言おうとするが、英語が出てこない。
「ウエザーインフォメーション・・・・・」
しどろ・もどろ、していると、

中の女性が、言った!

「日本語でどうぞ!」

「・・・・。」早く、それを言ってくれ!

待つこと3日、届きました。

「USA B2ビザ」ゲット!
b0139168_19264580.jpg

写真の顔、本当はこんなんじゃありません。
プイライバシーなもんで・・・。









[PR]

by eekaze | 2014-01-20 19:42 | ヨット

謹賀新年・今年も電気?

明けましておめでとうございます。
マリーナで見た、今年の初日の出!
b0139168_938688.jpg


風力発電機を設置して、
果たしてどれ位?発電しているのか気になり、
各バッテリーの充放電状態が判るように
前エスカルゴの電流計を復活させた。
b0139168_944472.jpg


取り付けて、観察してると・・・。
「何・何・何?」
すべての電装品のスイッチを切っているのに
ハウスバッテリーのメーターが「-3A」を指している。
メーター(中国製の安物)が壊れたか、配線ミスか?
いやいや
よ~く調べてみたら、犯人は、これだった。
b0139168_9513948.jpg

バッテリー並列による循環電流を防止する為のリレー
さすが、アメリカ製!
100AまでOKで、
リレーがONになる時、ガチャ・ガチャと大きな音して
とっても頼もしく思っていたのだが・・・。
何と!
1個が0.75Aも消費して4個で3Aの大飯食らいだったのだ!

改良品として、MOS・FET ソリッドステートリレーなど検討したが
極性の問題や回路の複雑さなどで採用に至らず、
結局、
Japanの自動車用リレーに行き着いた。
b0139168_103523.jpg

これだと、消費電流が0.15Aって書いてある。
4個でも0.6Aだ!
これまでの5分の1の消費電流でいける!
早速、取り替える。
頼もしいだけのアメリカさん、「さいなら!」
b0139168_1061769.jpg


----------------------
消費電流と言えば・・・。
テレビの電波が地デジに代わった時に購入した液晶テレビ
ACアダプターを見ると、出力DC12Vって書いてあるので
電源12Vを直接つないで見ていると、数分で壊れてしまった。

買って間もなかったので、
保証の事もありメーカーに修理を依頼すると
「何か変な電源を接続されましたね?」
と言われ
しらばっくれる事も出来ず、思わず
「はい」って白状した経緯がある。

その時から
また、テレビが壊れるのもいやなので、
DC12V→インバータAC100V→ACアダプターDC12V→テレビ
伸びたラーメンを干して、また湯がくような・・・。
納得出来ないけど、他の方法も思いつかず・・・。

しかし、
賢い方は、いらっしゃいました。
キャンピングカーの記事でブログアップされている、
「フクロウさん」
直接、バッテリーから電源を取っても
テレビが壊れない装置
「12Vリミッター」
このような、素晴らしい装置を作って頂きました。

さっそく、エスカルゴに取り付け!
b0139168_10524315.jpg

右上奥に取り付けられているのが
「12Vリミッター」
左の黒いボックスは、
陸電AC100が使える時、そちらに切り替えるリレーボックス。
b0139168_10561416.jpg

電源電圧が12V程度もしくは、それ以下の時は、そのままの電圧をテレビに供給します。
b0139168_10581265.jpg

電源電圧が12V以上(設定可)になった時
インジケーターランプが点灯して装置が頑張り始めます。

エンジンをかけたりして、12V以上に電圧が上がった時、
このとき、テレビが壊れるのです。

でもこの装置は、
12V以上の電圧を供給しないので、
テレビは、壊れません。

フクロウさん! 
どうも、ありがとうございました。

今後も
よろしくお願いします。
[PR]

by eekaze | 2014-01-13 11:13 | ヨット