エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LED アンカーライト

ホームポート(沖野島)の近くには、入り江・島影などアンカーリングポイントがたくさんある。
陸地から離れて、停泊したヨットで一夜を過ごす。 
これは、まったくの異空間を体験出来て素晴らしい。
時々、マリーナを出てアンカーリング泊をする。

その時は、一晩中アンカーライトを灯している訳で
気になるのが、バッテリーの残量である。
船内の照明と冷蔵庫、なによりトイレが電動なので
朝、起きたらトイレが使用不能ってのは、とっても困った事になる。
生ぬるいビールなどは、絶対許されない。

そこで、船内のバッテリーを使用せず、乾電池式で
自動で暗くなったら点灯、明るくなったら消灯する 省エネ型アンカーライトを製作した。

これで安心して一夜を過ごせるぞ!

b0139168_18303293.jpg
材料は、船検桜印入りの全周灯と水道パイプのエンドキャップ 


b0139168_18444777.jpg
LEDを4個点灯させるには、最低10V程度の電圧が必要らしい・・・。
しかし、乾電池をそんなにたくさん収納する事が出来ない。 単三2本が限度だ。
手前に写っているグレーの基板が昇圧回路だ。 
これを使って電圧をアップさせる事にする。乾電池の電圧が下がっても定電圧を確保出来るらしい・・・。
向こう側の基板が暗くなったらON、明るくなったらOFFの回路。
CdSセルって素子らしい・・・。 部品の数は6個、簡単!



b0139168_18595669.jpg
頭のてっぺんにCdSセルを取り付けて、シリコンで防水処理をする。
これが明るさのセンサーになる・・・。


b0139168_1915133.jpg

桜印の全周灯の12V電球が入っていた部分をくりぬき、LED4個と反射板を入れる。
そして、電池と基板2枚は、下に取り付ける水道のエンドキャップに収納する事にする。


b0139168_1984561.jpg
エンドキャップを白く塗って、完成!

b0139168_1994281.jpg
気になる電気の消費は、0.1A と出た。
計算すると0.3Wになる。
LED4個だと、0.02A位なのだが、LED以外にも昇圧回路が電気消費するので・・・。
まあいっか! 電球型と比べるとかなりの節電になってる。 
単三乾電池2本で何日使用できるかなぁ~

[PR]

by eekaze | 2009-03-12 19:28 | ヨット
<< 前方ソナー これは、危ない! >>