人気ブログランキング |

エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

前方ソナー

これまでの測深器は、自艇の真下しか測定出来ないので
前方に暗岩があっても気づかず進んでしまう。
しかし、
この「Color Twinscope」は、前方200m以上の海底の様子が解るらしい・・・。

「ほんまけぇ~」

昨年、
ウェストマリンの「全商品20%OFFセール」と「円高」の勢いで買ってしまった
「Color Twinscope」 をエスカルゴに設置した。

トランジューサーは、海面に対して垂直に船底に取り付けなくてはいけない。
ヨットの船底は、どこの部分も水平な所は、無い!
だから、船底をFRPで平らに加工して取り付ける。
加工した部分とトランジューサーを合わせるとかなりの突起になる。
「うわ~、デカぁ」
レースボートなら絶対に付けないだろう。
その大きさに驚いたが、もう後には引けない。 にこにこ笑顔で平常を装う。 
が、きっと顔面は 驚きのあまり、ひきつっていたに違いない。
b0139168_18284462.jpg


ディスプレーは、コックピットからよく見える位置に設置した。
操作方法・初期設定は、マニュアルに丁寧に書かれてるが、・・・。
すべて英文だ。「がっく」
さし絵を見て文章を想像し設定を終える。

マリーナの桟橋に係留中の状態で 「よし! 試運転だ!」

くっきりと前方の海底が映し出される。
すごい! 
しかし、前方約70mに船と直角に護岸があるのに・・・。
写っているのは、両サイドに障害物があり、リーフの切れ目のようになっている。
「あれっ 何か変?」・・・。
よく見ると
これは、パンフレットと同じ画面だ!
なん~だ。 デモモードになっていた。
マニュアルの絵だけでの操作では、こんな事もある。

設定を直して、港内をゆっくり走って見る。
そして
防波堤の切れ目に近づいた時の衝撃映像がこれだ!
  
「ワン・ツー・スリー」
b0139168_1951515.jpg

b0139168_8265443.jpg

b0139168_1954960.jpg


by eekaze | 2009-03-17 19:18 | ヨット
<< コカコーラが、お好きでしょ~ LED アンカーライト >>