エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ファイバーグラッシング

ボート作りの参考本に書いてる。
「ファイバーグラッシング」

これって、どういう意味?

「ファイバーグラス」は、日本語で「ガラス繊維」。
それに「ing」が付いて、現在進行形になるわけで・・・。
って事は、
ガラス繊維が進んでる状況を・・・。

そうか!
ガラス繊維に樹脂を「ベトベト・べたべた」する事なんだ!
それなら、ハードドジャーを作った時に、やった事がある。
まかせのタンゴだ!

まず、パーツより一回り大きくガラスクロスをカットする。
b0139168_9494798.jpg


そして、ベタベタとエポキシ樹脂を塗り付ける。
樹脂が浸透した所は、透明になって木目がきれいに見える。
ほとんど、クロスは識別出来ない。
b0139168_9504364.jpg


調子に乗って、小物・大物 どんどん張った。
b0139168_9534918.jpg

b0139168_9541048.jpg

b0139168_9572627.jpg


えっ!

参考本には、船体を組み立た後
全体にガラスクロスを貼るよう書いてる。

色々、考えた・・・。

しかし・・・。
船体を組み立てた後の立体状態だと樹脂が流れて上手く出来そうにない。
(そうなんです)
このエポキシ樹脂は、結構柔らかく硬化まで時間がかかるので
「だ~ら~」って流れるのです。
そして、
ガラスクロスの「しわ」!必ず出来る。
これ、どうやって処理するのか解らない・・・。

水平面のほうが作業が楽できれいに出来るのは、明解なんだ!
この手法で最後まで貫こう!

指示書では、片面でOKになってる所も
すべて両面ファイバーグラッシングした!

参考本と違う手法?
これって、どうなん?

吉・・?
凶と出なきゃいいが・・・。
[PR]

by eekaze | 2010-11-10 10:34 | ヨット
<< ステッチ コーティング >>