エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

惜譲

「うわさ」は、どうやら「本当」のようだ!
なぜか、ラグーン380の鍵が手元にあるのだ。
きっと夢だ! いや現実だ!
とんでもない事になってしまった。

エスカルゴと出会って10数年、
「いつかは、南太平洋へ・・・。」って夢を抱いて
少しづつ準備を重ねてきた。

エンジンもオーバーホールし消耗品は、すべて交換した。
シャフトシールも交換したので、海水は一滴も入ってこない。
トイレの戸棚を開ければ
壊れた時の為に、手動トイレのポンプ新品が入っている。
バッテリーの充電も白いオルタ100Aに変えた。
パイロットハウスのガラス取り替え
前方ソナー取り付け
レーダー・AIS
数え上げればきりがない
船の前から後ろまで、表から裏まですべて触れてない所は無い。
最大の特徴は、パイロットハウスだ!
ハードドジャーも新設し
雨が降っても、波を被っても、カッパを着る事がない。

よく、どのヨットも必ず何かが壊れている話を聞く。
エスカルゴも色々壊れたが、その都度修理してきたので
今は、どこも壊れていない。
冷蔵庫・エアコン
すべての装備品・機器は、正常に作動している。

さあ、これからって時に
夢のラグーン380がやってきた。

船齢23年 決して若いと言える年ではないが
まだ、まだ、いけると思う。
最後にハルの全塗装をして、嫁に出そう。
--------------------------
この船を、可愛がってくれる人は、いませんか?
未公開にてコメント欄よりご連絡を・・・。

b0139168_944982.jpg

(写真は、ハードドジャーを付ける前のものです。)

以下、簡単な仕様書です。

パシフィック40 パイロットハウス
船内・船外どちらでも操船出来ます。

平成元年2月 進水
長さ11.5m
幅 3.84m
深さ1.69m

パイロットハウスの窓
2009年 防犯ガラス(強靱なポリカーボネートを挟み込んだ合わせガラス)に交換済み

エンジン 
ヤンマー4JH-DTBE 75ps 2010年オーバーホール済み
巡航2500~3000rpm  艇速8.5ノット  
オルタネーターBalmar100A

2010年 プロペラシャフトシール取り替え済み

マストヘッドリグ・スループ
ジブ120% ファーラータイプ
メイン マスト内巻き取りタイプ

アンカーウインドラス
ハードドジャー
ビミニトップ
スイミングステップ・温水シャワー

船内
エアコン・3部屋コントローラー吹き出し口付き
(陸電時のみ使用可・発電機を設置すれば常時使用可)
電動トイレ
船内温水シャワー
液晶テレビ
DVDデッキ・BOSEスピーカー

オートヘルム・
GPS レイマリンC70
魚探
前方海底ソナー(20~30m前方の海底の様子が分かります)

冷蔵庫12Vor100V
電子レンジ100V専用

温水器 ギャレー・シャワーへ供給
100Vorエンジン (2010年、温水配管ホースすべて取り替え)

暖房 LPG FFヒーター

清水タンク 200L*2
燃料タンク 200L*2

 
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2011-07-12 09:48 | ヨット
<< 厚化粧 銀次だ! >>