エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


コカコーラが、お好きでしょ~

数年前、
エスカルゴのボトルラック用にネットオークションで入手した
「コカコーラ・ホームサイズ用の木箱」
b0139168_2122487.jpg

子供のころは、強いアメリカ・あこがれのアメリカ・そしてコカコーラ
とってもかっこいい飲み物って思っていた。
そう、
「スカッとさわやか、コカコーラ~」のCMソングにのって夢を届けてくれた。
そのホームサイズが入っていた木箱だ。
それにワインを並べる。 夢の共演の実現だ!

がっ、しかし、 ワインボトルを入れようとしたらサイズが合わない。

遠い記憶では、ホームサイズはワインボトル並みの大きさだったはずなのに・・・。
実際は、もっと小さかったんだ・・・。

「よう~し、オークションに出品しよう!」

「1000円スタートだ!」

オークションのURLは、ココ↓
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h128208666
[PR]

by eekaze | 2009-03-23 21:45 | ヨット

前方ソナー

これまでの測深器は、自艇の真下しか測定出来ないので
前方に暗岩があっても気づかず進んでしまう。
しかし、
この「Color Twinscope」は、前方200m以上の海底の様子が解るらしい・・・。

「ほんまけぇ~」

昨年、
ウェストマリンの「全商品20%OFFセール」と「円高」の勢いで買ってしまった
「Color Twinscope」 をエスカルゴに設置した。

トランジューサーは、海面に対して垂直に船底に取り付けなくてはいけない。
ヨットの船底は、どこの部分も水平な所は、無い!
だから、船底をFRPで平らに加工して取り付ける。
加工した部分とトランジューサーを合わせるとかなりの突起になる。
「うわ~、デカぁ」
レースボートなら絶対に付けないだろう。
その大きさに驚いたが、もう後には引けない。 にこにこ笑顔で平常を装う。 
が、きっと顔面は 驚きのあまり、ひきつっていたに違いない。
b0139168_18284462.jpg


ディスプレーは、コックピットからよく見える位置に設置した。
操作方法・初期設定は、マニュアルに丁寧に書かれてるが、・・・。
すべて英文だ。「がっく」
さし絵を見て文章を想像し設定を終える。

マリーナの桟橋に係留中の状態で 「よし! 試運転だ!」

くっきりと前方の海底が映し出される。
すごい! 
しかし、前方約70mに船と直角に護岸があるのに・・・。
写っているのは、両サイドに障害物があり、リーフの切れ目のようになっている。
「あれっ 何か変?」・・・。
よく見ると
これは、パンフレットと同じ画面だ!
なん~だ。 デモモードになっていた。
マニュアルの絵だけでの操作では、こんな事もある。

設定を直して、港内をゆっくり走って見る。
そして
防波堤の切れ目に近づいた時の衝撃映像がこれだ!
  
「ワン・ツー・スリー」
b0139168_1951515.jpg

b0139168_8265443.jpg

b0139168_1954960.jpg

[PR]

by eekaze | 2009-03-17 19:18 | ヨット

LED アンカーライト

ホームポート(沖野島)の近くには、入り江・島影などアンカーリングポイントがたくさんある。
陸地から離れて、停泊したヨットで一夜を過ごす。 
これは、まったくの異空間を体験出来て素晴らしい。
時々、マリーナを出てアンカーリング泊をする。

その時は、一晩中アンカーライトを灯している訳で
気になるのが、バッテリーの残量である。
船内の照明と冷蔵庫、なによりトイレが電動なので
朝、起きたらトイレが使用不能ってのは、とっても困った事になる。
生ぬるいビールなどは、絶対許されない。

そこで、船内のバッテリーを使用せず、乾電池式で
自動で暗くなったら点灯、明るくなったら消灯する 省エネ型アンカーライトを製作した。

これで安心して一夜を過ごせるぞ!

b0139168_18303293.jpg
材料は、船検桜印入りの全周灯と水道パイプのエンドキャップ 


b0139168_18444777.jpg
LEDを4個点灯させるには、最低10V程度の電圧が必要らしい・・・。
しかし、乾電池をそんなにたくさん収納する事が出来ない。 単三2本が限度だ。
手前に写っているグレーの基板が昇圧回路だ。 
これを使って電圧をアップさせる事にする。乾電池の電圧が下がっても定電圧を確保出来るらしい・・・。
向こう側の基板が暗くなったらON、明るくなったらOFFの回路。
CdSセルって素子らしい・・・。 部品の数は6個、簡単!



b0139168_18595669.jpg
頭のてっぺんにCdSセルを取り付けて、シリコンで防水処理をする。
これが明るさのセンサーになる・・・。


b0139168_1915133.jpg

桜印の全周灯の12V電球が入っていた部分をくりぬき、LED4個と反射板を入れる。
そして、電池と基板2枚は、下に取り付ける水道のエンドキャップに収納する事にする。


b0139168_1984561.jpg
エンドキャップを白く塗って、完成!

b0139168_1994281.jpg
気になる電気の消費は、0.1A と出た。
計算すると0.3Wになる。
LED4個だと、0.02A位なのだが、LED以外にも昇圧回路が電気消費するので・・・。
まあいっか! 電球型と比べるとかなりの節電になってる。 
単三乾電池2本で何日使用できるかなぁ~

[PR]

by eekaze | 2009-03-12 19:28 | ヨット