エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


悪石島

7月11日
朝6時30分に、喜界島の湾港を出港。
悪石島を目指すが、風が真後ろの為
角度を付け、小宝島方向へ向ける。
その後ジャイブをして悪石島へ17時30分到着。
直線距離70マイル、11時間30分の航程だった。

港では、これから漁に出る地元の人に
軽トラを貸してもらい、山中腹にある集落までドライブ。
その後、露天温泉へ

皆既日食の日まで、あと10日の悪石島は、
妙な緊張感と期待の空気が流れ
トカラの離島らしくなかった。

それでも、水平線と雲と夕日は、
いつもの様に、完璧な素晴らしいショーを
演じてくれた。

おじさん6人の為に?・・・。



携帯の方は、こちらから。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2009-07-27 09:35 | ヨット

乗員

今回、
沖縄クルージングを企画して出発までの間に
何度も説明会(飲み会)を開き、乗員の参加確認に努め、
日程もゴールデンウィークに絡めて
出来るだけ多くの人が参加出来るよう考えた。
そして
広島→宮崎、3人
宮崎→屋久島、4人
屋久島→奄美、3人
奄美→沖縄、2人
沖縄→慶良間、5人
6人のメンバーが乗ったり降りたりしながら
南下と沖縄の海を楽しんだ。

ありがとうございました。
おかげで素晴らしいクルージングが出来ました。

その後、宜野湾へエスカルゴを預け
一時、広島へ帰る。

しかし、その時点で
沖縄から広島へ帰る時の事は、全く考えてなかった。
航程は、その日の天気・海況を見て決めるとしても
出発日、乗員すら決まってなかった。
「最悪一人」って選択肢もあったが、
ひとりぼっちで淋しくすると、死んでしまう類の生き物の為
考えない事にした。

ある日、バイクで大島の温泉へツーリングに行った時、
偶然出会ったEさん。
「1週間くらい何とか、せんにゃ、いけんじゃろぅ。」
(1名ゲット)

あるヨットレースの打ち合わせで電話をかけてきたYさん。
軽く打診してみると、
「行きの時も乗りたかったけど、口数が少なく
意思表示出来なかったので置いて行かれた。」
(2名ゲット)

沖縄で友達になった人たちに、送別会をしてもらい
涙しながら、
「また、必ず来ます。」と言って別れた、Isさん。
仕事の都合が・・・。とか言うので
「あの涙は、何じゃったん?」って言ってやった。
(3名ゲット)

呉のヨットレースの夜、
沖縄クルージングの良かった所だけを
集中的に熱く語ったら、
「明日、会社に行ったら休暇の申請をしてみます。」
Kさん
(4名ゲット)

どこから聞きつけたのか
突然、電話がかかり
「沖縄、乗ります、バースは、外で結構。」
Iwさん
(5名ゲット)

私を含めて、「6人の侍」が集まった。

これで、
ひとりぼっちで淋しく、死んでしまう事は無い。
ありがとうございました。
おかげで素晴らしいクルージングが出来ました。

狭い船上
6人のおっさん侍は、どんな状態で過ごしていたのか?
ムービーをご覧下さい。



携帯の方は、↓
http://www.youtube.com/watch?v=c23nf2Tzr5A
[PR]

by eekaze | 2009-07-25 10:24 | ヨット

船内(沖縄クルージング)

エスカルゴ船内の様子です。

・若干ヒールした、左の窓から海の様子を見ると
波も穏やかで艇速は、7~8ノット位出ているようです。

・チャートテーブルには、パソコンがあります。
GPSマップとネット接続にて天気・海況を入手できます。

・正面は、レーダーです。
10マイル以上離れた本船等も認識できます。

・フロントウィンドウから直射日光が入り船内が暑くなるので
オーニングがかけてあります。
船内ワッチの時は、オーニング左右の隙間から前方を見ます。

・暑いので乗員は、外のコックピットに出てますが、
2号室で誰か寝ているようです。

・中央テーブルの物は、ご飯を炊く釜です。 5合まで炊けます。
燃料は、カセットガスです。 
操作は、一般のガス釜と同じ様に点火するのみです。
炊きあがると自動的にガスが止まる優れ物です。

・ギャレーの窓から見えるライフラインには、洗濯物が干してあります。
気温も高く乾きが早いので、毎日洗濯して
2セットの衣服のみで過ごした人もいました。

・5号室のドアには、
その日の天気図と波の予報が貼ってあります。

・その向こうに貼ってあるのが、航程表です。
日々の目的地までの距離や時間が書いてあります。
その内容は、不定期に変更されるので
乗員は、この表を毎日見ます。
そして
今、エスカルゴが向かっている目的地を知るのです。
?・・・。


携帯等でムービーを見る事が出来ない方は、
直接下記URLへ ↓
http://www.youtube.com/watch?v=C6OaJqBETM0
[PR]

by eekaze | 2009-07-24 09:09 | ヨット

日食

今回の沖縄クルージング、計画段階では、
南下はゴールデンウィーク。
北上は、皆既日食を目玉にして
沢山の人が参加出来るよう計画した。

南下の時に、
自然は、人間の都合に合わせてくれない。
人間は、自然に逆らえない。
だから、
自然の機嫌のいいときを見計らって航海する。
それを各所で出会った大波・そして大風に教わった。

自然に聞かない限り
事前に正確な日程なんて組める訳がない。
ましてや、
皆既日食の観測できる正確な時間に正確な場所へ行く事
もし出来たら、とってもラッキーだが、
それに伴うリスクは、計り知れない物があると思った。

その時点から、
「皆既日食は、テレビで観る。」
が合い言葉になった。

------------------------------------

広島でも、85%も太陽が欠けるらしい。
朝から、雲は、あるもののしっかりと太陽は出ている。

朝9時30分頃、太陽を直視で観る。
ギラギラ光ってまぶしくって、何が何だか解らない。
「OH!まぶしい。」
しばらくの間、目の前を白い物が飛ぶ。
今度は、サングラスをかけて観た。
まったく同じだ!
太陽ってこんなにギラギラだったとは・・・。

下敷きか何かそういう物を探したが、見あたらない。
書類棚のガラス戸を外してロウソクのススを付けて黒くする。
サングラスをかけて、その黒ガラスで観る。

やった!
すでに欠けている。
時間と共にどんどん欠けていく。
急に薄暗くなる。
わくわくしてきた。
デジカメでフィルターも付けずバシバシ写真を撮る。
偶然、雲がフィルターになった。 撮れたかも~。

皆既日食中継が始まるのでテレビをつけた。
「絶対に、直視したりサングラスやロウソクのススで黒くしたガラス等で観ないで下さい。」
って何度も言ってる。
それって、俺の事じゃん!

もう広島での観測は止めて硫黄島沖の船に乗り換える。(テレビ)
海は、おだやか。 
見渡す限り360度水平線だ。
やがて、その時を迎える。
「すっすごい。」
いつも夕焼けって、西の空だけなのに、
360度水平線のすべてが夕焼けになっている。
思わず呼吸が止まってしまった。
皆既が終った時のダイヤモンドリング!
「何て大きなダイヤモンドなんだ。」

目は涙でいっぱいになった・・・。

b0139168_8441911.jpg

[PR]

by eekaze | 2009-07-23 09:50 | ヨット

沖縄の海

今回のムービーは、
7月7日
座間味港を朝6時30分に出港し
伊平屋島へ向かっている所です。

風力5~6mのアビームの風を受け
艇速は、7ノット前後です。
波も1~2mと最高のコンディションでした。

前方は、水平線しか見えませんが、
約65マイル先に伊平屋島があるはず・・・。

後方に見える島々は、慶良間諸島です。
その後、慶良間諸島も見えなくなり
360度、水平線になりました。



http://www.youtube.com/watch?v=xPTu1DvH9w0
[PR]

by eekaze | 2009-07-22 08:47 | ヨット

出会い系ヨット

4月17日の深夜、広島を出港して
5月6日まで沖縄クルージング。
一時、広島へ帰り、
その後
7月3日に沖縄宜野湾を出港、
7月17日の17時、広島へ到着した。

振り返ってみると
沢山の出来事があった。
その中でも素晴らしかったのは、
ヨットの旅ならではの色々な人との出会い。

同じようにヨットで旅をしてる人は、もちろん、
各港で出会う普通の人々、
普通に挨拶をして
普通に話をして
そして、沢山の事を教えて頂いた。

やっぱり
一人では、生きられない。
人と、かかわり合って生きている。
だから
出会いは、大切にしたい。

出会ってくれた人、ありがとう。
そして、エスカルゴありがとう。
おかげで、素晴らしい旅ができました。

ムービーは、
徳之島から奄美大島へ向かう途中に出会った、

今回、最高の出会いです。



http://www.youtube.com/watch?v=rw7Oyl7PjwQ
[PR]

by eekaze | 2009-07-21 09:31 | ヨット

雨の広島かぁ~

佐賀関の風呂屋は、奇数日しか開いてない。
残念ながら16日は、休みの日だった。
船の水もまだ半分以上あるので船でシャワーをする事にして
通り道の寿司屋で関あじの刺身と塩焼きを堪能する。
会計を済ませてお茶を飲んでいると
寿司屋の大将が「家の風呂へ入って行け」と言う。
ありがたく、風呂を使わせて頂いた。

朝6時30分に佐賀関港を出港。
北上する梅雨前線の雨雲と抜きつ抜かれつの状態になっている。
後方、南の空は、明るく晴れているが、
前方、北の空は、雲に覆われ視界が全くない。
エスカルゴのスピードが勝った時は、雨が降り、
北上する雨雲が勝った時は、雨が止む。
広島までこんな状態なのだろうか?

レーダーのおかげで
前方の視界が見えなくても余裕で航行出来る。
今、レーダーのスクリーンには、船影が3つ映っているが、
その中で1隻しか視認出来ない。
ほかの2隻は、ゆっくり近づいているのでもう少し
近くなったら視認できるだろう。

長かった沖縄クルージングも
今日が最終日になった。
数えて見ると今日で35日目になる。
自分の人生でも大きなイベントになった。
思った事、感じた事を文章にしようと考えるが、
なぜか何もわいてこない。
沢山の事が、ぎゅうぎゅう詰まって閉塞状態になってるのかも
結果的に「一皮むけた」それだけの事かもしれない。

今日の昼食は、
残った食材を鍋に放り込んで「おでん」のような物を作った。
これで、「出しゃあ食う」も最後の食事になる。
冷蔵庫の中は、「あじの開き」「ところてん」「少々の野菜」のみになった。

今回の沖縄クルージングには、
準備段階から沢山の人にお世話になりました。
こうやって無事広島へ到着出来るのも
皆様方のおかげと心から
感謝しお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

b0139168_9552596.jpg

[PR]

by eekaze | 2009-07-17 09:55 | ヨット

瀬戸内海まであと2時間

日向市門川港は、はまちの養殖が盛んで港の回りは、
いけす網だらけになっている。
港から上がると民家ばかりで商店は見あたらない。
しかし、歩いて15分
小高い丘の上に温泉・保養センターがある。
風呂に入りおいしいビールとおでん・冷汁で夕食とする。
気温も25度まで下がり、久々に涼しい夜になった。

今日は、佐賀関に入港予定。
あと16マイルだ!
毎日同じ南東の風を後ろから受け、バウは、関鯖・関あじに向かっている。
天気は、「晴れ」だが少しづつ雲が多くなってきた。
天気情報では、明日の広島は雨になっている。
別府にでも行って梅雨明けを持とうかね~。

昨日の団子パン、24時間放置しても
かたくなに団子状態を保っている。
意を決して、焼いてみた。
ずっしりと重たい、団子パンが出来た。
割って見ると、まだ半生の所がある。
さすがひどいと思いながらとりあえず出してみた。

「出しゃあ食う」の人たちは、普通に平らげた・・。

b0139168_12555220.jpg

[PR]

by eekaze | 2009-07-16 12:56 | ヨット

団子パン

今日の寄港地、日向市の門川港まであと11マイル。
風は、南東の風(クォーターリー)フルメイン・フルジブ
午前中は、風力2~3mだったが昼から8m前後まで吹き上がる。
白波が立ち波も高くなってきた。
天気は、晴れだったが、
梅雨前線の雲と思われるドス黒い雲が北の方に見える。
沖縄から梅雨前線の北上と梅雨明けを追いかけて、
毎日、後ろよりの風と晴れに恵まれて航行できた
どうやら、梅雨前線に追いついてしまったようだ。
雨が降るとハッチが開けられないので、どうかご勘弁を!

昼食用にパン焼きに挑戦した。
いつもと同じように粉をこねて
一次発酵させたが、どうもうまく膨らまない。
3ヶ月近く船内に放置していたのでイーストがやる気をなくした?
この出来の悪いパンは、パン焼き鍋の中でかたくなに
団子状態を保っている。
このまま放置して時間をかければ膨らむかもしれない?
もし膨らまなくても団子状態で焼いて食ってやろう。
どうせ
「何でも食う」
「出しゃあ食う」
b0139168_1340419.jpg

[PR]

by eekaze | 2009-07-15 13:40 | ヨット

赤い魚

エスカルゴの3人+1は、
海のすぐそばに湧き出る露天温泉に浸かり
紀元杉(樹齢3000年)に会いに行く。
この杉は、以前も訪れた事がある。
「また来たよ!」って杉に挨拶したら
紀元杉は、ほほえんでくれた。

2泊5食を共にした、バックパッカーの青年(+1)の見送りを受け
安房の港を7時に出港。
港の出口、防波堤を曲がる手前で振り返ると
青年は、直立不動でこちら向いて立っている。
「元気で・・。」心の中でつぶやいた。

今朝、安房の市場で魚を見ていると
よほど物欲しそうな顔をしていたのか
1匹、赤い魚(名前不明)を頂いた。
さっそく昼ご飯に煮付けにして食べる。
身が柔らかく、おいしかった。

b0139168_14285047.jpg


また今日も晴天。
種子島を後ろに都井岬に向かって航行中。
クォーターリーの風を受け潮にも見方され、
SOGは9ノットの後半を示している。
このままだと夕方5時までには油津へ入れるだろう。

エスカルゴの旅は、続く。
[PR]

by eekaze | 2009-07-14 14:29 | ヨット