人気ブログランキング |

エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


宮島一周 ヨット競技大会

9月20日(日)に行われた、
第50回 宮島一周 ヨット競技大会

エスカルゴは、本部船になった。

スタート前から北のいい風が入り
レース艇は、順調に宮島を一周して帰って来ると思いきや・・・。

やはり、待ってました。
宮島名物、凪のち南西の風だ!

レース各艇は、クローズホールドで無風を迎え
宮島の裏海面でばらばらに広がり漂っていた。
その後、吹き出した南よりの風
どの辺りから吹き始めるか予想がつかない
島寄りにいた艇は、当分風が来ず
他の艇がいい風を受け、スピンランでフィニッシュして行くのを
指をくわえて呆然と見ているだけだった・・・。

スタートのポジションなんか全く関係ない
これが、安芸の宮島の「どんでん返し」

その、スタートシーンです。


携帯の方は、こちらをクリック!

by eekaze | 2009-09-26 09:18 | ヨット

10年ぶりの「ディンギーレース」

 予報通りの爽やかな朝になった。
空に向かって大きく深呼吸をし、マリーナへ向う。

すでにシーホッパーは、フリッパーに繋がれ出陣を待っている。
「よぅ~し、いざ出陣だ!」

レーススタート海面に、1番のりで到着。
「さい先いいぞ!」

 過去のレース展開を考えると大竹よりのコースを走った艇が上位になっている。
それにあやかる為、下マークあたりをうろうろと漂う。
この歳になるとセーリング技術や体力では、他の若い者にかなう訳がない。
ここは、経験回数とデーター量で勝負だ!
データーベースでは、間違いなく大竹コースと出ている。

しかし、
風は序々に右(大竹と反対方向)へと振れてくる。
作戦変更だ! 
上(本部船)のあたりが、かなり有利になった。
時間は、10分以上ある。さっき計った時は、上から下まで3分で行けた。
「よっし上へ行こう。」

「あれ~何だこりゃ!」
大型艇の壁が出来ている。
そのおかげで、まったくの無風状態になって止まってしまった。
どうしようも無い。
時計を見ると、すでに1分前を切っている。
「最悪・・・だ。」「スタートラインまで到達出来ないじゃん~」
呆然として、大型艇が出ていくのを見送る。
大型艇団が走り去って、やっと風が来た。

気を取り直して「さあ~出発だ!」
しばらく走って回りを見ると後方にライバルの小型艇が数艇見える。
どうやら、奴らもスタートを失敗したようだ。
ひょっとしたら俺は、トップ?
「よっしゃ。」急に元気になってきた。
時折入るブローにもフルハイクで立ち向かう。
いつもは、数分しか出来ないフルハイクも、なぜか全然疲れない。
後続艇がどんどん小さくなって行く。
トップを確信したその時、
先行する大型艇のセールの向こう側からオレンジ色のシーポッパーが現れた。
「OH! 凄いやつがおった!」「これは、かなわんかも。」
急に太ももから疲れが噴出してくる。 
お尻を舟の中に入れて休もう、わぉ~!オーバーヒールだ、
下側のガンネルを海水が洗っている。
これでは、だめだ! シーポッパーは、キープフラットだろ?。
自分に言い聞かせ、お尻を舟の外に出し舟を起こす。
「うううぅ~きつぅい。」

最初のポイント可部島では、オレンジが数百m先行して通過する。
そこからは、風が後ろになる。
ハイクアウトから解放された。
「楽くぅ~」
待ってろよオレンジ! これから追いつき、抜かしてやるからな。
後方から念力ビームを送る。
しかし、離れ過ぎてビームが届かない。
俺のビームは、声が届く距離しか通用しないんだ。
オレンジは、真後ろから風を受けて最短距離を走っている。
同じ事をやってたんじゃ、追いつかない。
よし、ジャイブ攻撃だ!
オレンジの後方を右へ行ったり、左へ行ったり何度も繰り返す。
確かに、スピードでは勝っているが、距離を走る為、近づいたようで近づかない。
これだけ、後ろをチョロチョロすると何か意識して行動を起こすはずだが、
オレンジは、全く動じない。ひたすらデッドランで最短距離を走って行く。
「ふてぇ野郎だ。」
次のポイント筏の角を通過し宮島水道に入る。
このまま真っ直ぐ行けばフィニッシュだ。
筏寄りにいい風が吹いている。オレンジもぴったり筏に寄せ真っ直ぐ走っている。
ここでジャイブ攻撃をすると風の悪い大野側へ行って、もっとひどい事になる。
セールを一杯出し、センターボードも引き上げ、ブームと反対側にアンヒールさせる。
オレンジの真後ろからデッドラン攻撃を開始する。
ブランケットに入れるには、距離が離れすぎている。
集中し最大パワーで念力を送る。
「おやっ!」 ビームが届いたのか、
突然、オレンジがジャイブをした。風の悪い大野側へコースを変えたんだ。
フィニッシュラインも見えて来た。
最後のチャンスだ! 集中力が一気に高まる。アドレナリン噴射!
オレンジがやっていたように、今度は俺が最短距離を真っ直ぐ走る。
海峡の右と左に別れているものの、ほとんど同じ位置まで追いついた。
絶対に風は、こっちがいい。
2艇は、並んで、吸い込まれるようにフィニッシュラインへ入った。

こんな事があるのだろうか、同時着で計測された。
1番が2人になったんだ。

「ああ、おもろかった。」

来年もシーポッパーで出ようかね~

上手な人は、出場しちゃダメだよ~
b0139168_11594569.jpg


by eekaze | 2009-09-14 12:01 | ヨット

エスカルゴの泣き所

エスカルゴのエンジンは、ヤンマー4JHのターボ付きだ。
40Fの水線長を生かし、巡航2500回転で7ノットの後半、フルでは、9ノットのスピードが出る。

微風時の帆走性能に問題があるエスカルにとってエンジンは、とっても大切だ。
となると、日頃のメンテも、とっても大切になる。

しかし、困った事にエンジンの左半分が床板に隠されアクセス出来ない構造になっている。
見えない・手が入らない・道具も入らない・・・。
これは、小人になる以外ない!
どんなにダイエットしても小人には、なれないんだ。

左側にウオーターポンプ・オルタネーター・セルモーターがある。
何とかしなくては・・・。
これは、何年も前から抱えていた問題だった。
今回
ついにやりました!
ノコギリで床板を切りました。
かなり、度胸が必要でした。
でも、やりました。

出来映えは、ムービーで!


携帯は、こちらで
http://www.youtube.com/watch?v=14otU1zJELg

さっそく、ベルト調整をした。 楽ちん・簡単!
オルタネーターも丸見えだ。
セルモーターに手で触る事が出来る。
「やったぁ」
ウオーターポンプのホースから水がにじんでいる。
ホースを少し切ってバンドを取り替える。
完璧だ!

シャフトのグランドパッキンからの入水が多いので調整しようとした、
「うぅん~」
調整ネジが固着して全く動かない。
無理やり回すと壊れそうだ! 
よそう・・・。
次回に持ち越そう。

エスカルゴの整備は、永遠に続く。

by eekaze | 2009-09-07 22:51 | ヨット

時代は、カーボン

化石となって発掘された「シーホッパー」の続編です。

ハルに空いた穴は、FRPを貼って修理した。
ただ、FRPを貼っただけで仕上げも何もしてないので
表面がゴツゴツしている。
まあ、水が入らなければ、OKとしよう。

艤装品をチェックした。
まず、マストの最下部が無い。
そして、ティラーとエクステンションも無い。
ライジャケは、ファスナーが固着して動かない。

艤装品置き場の倉庫は、
一応、自分の置き場区画は、あるのだが、
学生・ジュニア・皆んなが使ってる倉庫なので色々な物が混在して
長期に渡って放っておくと、行方不明品が出てくる。

マストは、ジュニアのマスト置き場に混じって置いてあった。
しかし、ティラーがいくら探しても見つからない。
シーホッパー用のティラーは、たくさん有るが、全部タイプⅡ用でアルミ製だ。
私のシーポッパーは、タイプ1(かなり古い)なので木製で取り付けも違う。

探すのをあきらめて、製作する事にした。

-----------------------------

まず、ホームセンターで角材を入手する。
30×40×1500のサイズ、1本 198円。
なんちょ、安い!

ちょうどいい長さに切り、手元になるぼど細くなるよう
丸のこ・サンダーを使い加工する。
外国の杉材と思われるが、とても柔らかく加工が簡単だ!
最後にピンを入れる穴をあけて完成!

しかし、
塗装も何もしてなく、ただ削っただけの棒なので
何だか品がない。
「うん~これでは、弱(遅)そうだ! 見てくれだけでも強(速)そうにしなくては!」

「そうだ! 最先端のカーボンにしよう!」

さっそく、カー用品店でカーボン柄のカッティングシートを買ってきた。

どうだ!
30年以上経過の「S.hopper」が、こんなに強(速)そうになったど~
今度は、マストもブームもカーボンにしようかね。

b0139168_938177.jpg

b0139168_9382347.jpg


by eekaze | 2009-09-03 09:40 | ヨット