エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


オームの法則

白いオルタBalmar のおかげでバッテリー問題は、一件落着した。(はず・・・。)
エスカルゴでは、
バッテリー4個にそれぞれ電圧計を付けて電圧のチェックをしている。
しかし、電流計が無いので
バッテリーへ入る電気の流量と出る流量が判らない。
いくら大量の電気を充電しても使う方が上回っていたのでは、
いずれ、バッテリーの残量は無くなってしまう。
電気は、目で見えないので信用できないのだ。
よ~し
電流計を付けよう! +と-の表示ができるのがいい。
エスカルゴには、大飯(電気)食いの電化製品がある
西の横綱、電子レンジは、45A。 東の横綱、温水器は、50Aも食う。
それだと
電流計に繋ぐ電線も断面が10mm以上の太い物が必要になる。
そんな電線を船内に配線するのは、非現実的だし費用もバカにならない。
(1m数千円もする)
1週間ネットを徘徊して、得た情報によると
「シャント抵抗」なる物を回路に直列に入れ、その両端の電圧降下(mv)を計れば
それが電流になるらしい?
それだと電線も細いのでいいらしい。
何で電圧(ボルト)が電流(アンペア)になるんや?
どうも、Ω(オーム)の法則らしい? 何だか中学生のころ理科で習った気がする。
この尺取虫の記号は、なぜオームなの?  オームって鳥だろうがぁ!

もう理屈は、どうでもいい!  実戦だぁ~。

シャント抵抗は、ヤフオクで発見
+-200mvのデジタル電圧計は、通販にて購入する。(1個1000円)
このデジタル電圧計は、以前エスカルゴに12V用で取り付けた事があるので
セットアップには自信がある。
今回は、レンジを200mvにセットすればいい訳で・・・。
そして、5Vの定電圧回路も3端子レギュレーターを使って・・・。
(しかし安い。この集積回路が5個で100円なのだ。1個でいいのに・・・。)

仮配線を済ませて まずは、テストだ!
うん? 
無負荷状態なので0を示さなければいけないのに、
-28Aを示している。
調整用の可変抵抗をいっぱいまで回して調整したが、
-1.7Aまでしか調整できない。
う~ん?
不可解な事は、後回しにしよう。
b0139168_1142566.jpg

電球を回路に入れて負荷状態にした。
-2.3Aになった。 ふむふむ電球が0.6A消費してるんだ。
今度は、充電器をONにして充電状態にした。
+になると思いきや、-3.8Aと出た!
??
この充電器は、バッテリーの電気を消費するの?  
充電器ではなく消電器なんだ?

配線を間違えたのかもしれない。
配線を繋ぎ変えてみよう。

OH! 「1」が出たぞ!
b0139168_11425777.jpg


そのまま、見つめていると解読不能な文字が出て来た・・・。
b0139168_11433287.jpg


2~3秒おきに文字が変わっていくぞ~。
おややっ!
「リ」が出たど!
b0139168_11445100.jpg

何じゃ?
今度は、「ノリー」が出た!
b0139168_11443249.jpg


そして、煙が出た! 合掌
[PR]

by eekaze | 2009-11-21 11:53 | ヨット

白いオルタ Balmar

この前は、心の準備の無いまま、
エスカル・エンジンの悪性腫瘍(海水ポンプの漏水)に出くわし、取り乱してしまった。
落ち着いて色々と検討した結果、
この際(エスカルゴも満20歳になった)、
エンジンを降ろし、錆びてる部分やゴム製品や消耗品を全部交換して
リフレッシュする事にした。
「大手術になりそうだ・・・。」
「転移(錆び・腐食)してる所が手遅れになってませんように・・・。」

そうなると、エンジンを降ろす前に
BalmarとSUBバッテリーチャージャーの取り付けとテストをやっておきたい。
8日は、大切な年間ポイントレースの最終戦なのに、
わがままを言って休ませてもらい作業に取り掛かる。

配線は、前回のブログ①案に決定!
今回の工夫(アイデア)は、大容量のソレノイドSWを4個取り付けて
パネルに付けたロータリーSW(4接点)にて切換る。
SWが①の時、B1→2→3→4の順
②の時は、B2→3→4
③の時は、B3→4
④の時は、B4に充電される。
考え通りなら、こんな具合になるはず・・・。(自信ない)

b0139168_8123727.jpg

「なぜ、そのSWが工夫(アイデア)なの?」
それはね・・・。
SWが無いと充電の順番は、①になる。
もしハウスバッテリーのB3の容量が減って、急いでB3を充電したい時、
だけど・・・。
B1→B2がフル充電されるまで待たなければならないんだ。
その間、室内灯は、どんどん暗くなる。そしてインバーターは、ピーピー泣き始める。
電化快適ヨット・エスカルゴが、ロウソク・ランタンと手回し発電ラジオの災害避難ヨットになってしまう。
そんな時、ロータリーSWを③に切り替える。
どうだ! 
室内灯は、輝きを増し、インバーターは黙々と100vを作り始める。(はず、希望)

----------------------------

バッテリーの空腹状況にもよるが
今回のオルタは、最大100A発電するらしい。
それに備えて配線コードを8スケから14スケに変える。
さすがに太い・たくましい・・・。
メーターとSWのパネルは、再利用なので古い穴だらけになった
Sホッパーのティラーに貼った時、余ったカーボン柄のカッティングシートを貼った。
(エスカルゴまでハイテク素材カーボンの波が押し寄せる)
b0139168_10494998.jpg


いよいよ完成!
まず、エンジンをかける前に各バッテリーの電圧をチェックする。
4個とも、12Vの前半を示している。 やや弱った状態だ。
エンジン始動! 
エンジンの回転数1000rpm程度で様子を見る。
オルタは、異音もなくスムーズに回転している。
来た来た! B1の電圧がぐんぐん上がっている(いいぞ)。
13vの後半まで上がり時折14vを示し安定する。
OH!今度は、B2だ!
B1と同じように電圧が上がって行く。(ヤッホー)
しばらく時間は、かかったが B3・B4とも同じように
13Vの後半まで上がり、充電電流は10A程度で安定した。
これまでのオルタだと4個のバッテリー全部が充電された事は、無かった・・・。
なんて、たくましい奴なんだ!

あっぱれ! 「白いオルタ!」



携帯ムービー
[PR]

by eekaze | 2009-11-11 11:00 | ヨット

悪性腫瘍発見・各部に転移か!

Balmarのオルタネーターが届いた。
マニュアルは、全て英語で書かれている
当然、読める訳がない、さし絵を見て何とかするしかない。
レーダー・GPSも何とかなったけん!
何とかなるだろう?
これで、バッテリー充電不足も解消するど!

さっそく工事に取り掛かる。
この前、床板をくり抜いたのでオルタネーターの取り外しは、簡単だ。
http://eekaze.exblog.jp/11887943/←前の記事
これまで床板に隠れて全く観察出来なかった部分がよく見える。

「おやっ!」

オルタの下の海水ポンプから水が漏れている。
2秒に1滴くらいだ。
多分、ポンプの蓋のOリングからだろう。
一番簡単な方法、蓋の締め付けをする。
観察する。全然変らない。
止む終えず蓋を開けOリングをスペアの物と取り替える。
観察する。全然変らない。

「ええっ!」これは・・・。 いやな予感・・・。

Balmarのオルタネーターどころではない。
床下に潜り懐中電灯で照らして見る。

「Oh・Oh・Oh!」「こっこっこれは!」「何てこった!」

水漏れは、ポンプの蓋ではなくハウジングだ!
(写真の矢印の部分)
b0139168_11205581.jpg


しかもかなりの月日が経っていると思われ、
シリンダーブロック・エンジンマウント・オイルパン
この辺りが漏れた海水によって腐食されている。

ゆっくりと漏れた海水は、エンジンの熱で水分が蒸発し
塩分のみがエンジンにこびりつき、長い月日の間に金属を腐食しながら
鍾乳石のように白い結晶を作り、たくましく成長したのだろう。

感心してる場合ではない。
何とかしなくては・・・。

ポンプ内部のメカニカルシールからの水漏れと推測されるが、
ポンプ本体取り付けのネジが真っ赤に錆びているのと
ポンプの前にエンジンマウントが立ちふさがっている。
まず、マウントを外さないとポンプは分解出来ない。
マウントのネジも腐食している・・・。
得意の応急やっつけ仕事では、どうにもならない。
とっても大きな工事になる予感・・・。

近々、エスカルゴでお客様を宮島までご案内する事になっている。

「う~ん、とりあえず、これは・・・。」

「見なかった事にしよう!」



携帯ムービーは、こちら
[PR]

by eekaze | 2009-11-04 11:37 | ヨット