エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


小舟製作

こちらは、
「後ろ半分」です。

「前半分」と同じ工程を経て、ここまでたどり着きました。
パネルのつなぎ目に補強のガラステープを貼り付けている所です。
b0139168_8484048.jpg


では、
先行の「前半分」は、どうなってるか?
パネル接着の後
つなぎ目をガラステープで補強し、
全面にパテを塗り付けました。

これまでグラグラしていた舟体が固まって
かなりしっかりして来ました。
b0139168_8521421.jpg

b0139168_8543055.jpg


ブチたいぎい、
サンディングが待っとるけんねぇ~


----------------------------------
艇名を募集したところ
たくさんの応募を頂きました。
これまで寄せられた候補?を発表します。

(順不同)
・コエスカル
・エスカルロ
・エスカル号
・かたつむり
・ラスカル
・ベニやん
・オスカル
・エポ
・ニシ
・つぶ
・さざえ
・ブヨ
・ステッチ

しかし・・・。 どうよ?

候補って書きましたが、
決してこの中から選ばれる訳では・・・。

「もっと、ぴったりな名前は無いもんかねぇ!」
「やっぱり、賞金を付けにゃだめかねぇ?」


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2010-11-18 09:19 | ヨット

グルー

グルー(接着)

エポキシ接着剤をパネルのつなぎ目に注入します。
主剤と硬化剤を2:1で混合して
注射器のような道具で
「ぶちゅぅ~」 

少しずつ何度も混合するのが面倒なので
エポキシの掟をやぶり多めに作った。
すると
注射器のシリンダーが一杯になり、あふれそうに・・・。
ピストンを刺す事が出来ない。
無理矢理入れると
当然だけど・・・。
先っぽから
「だら~」

「あ~あ」
手やテーブルやらその辺りが
「どろどろ」「ベトベト」だよ~ん!

今度は、
半分くらい作業が終わった頃
「うん?何だか注射器が暖かいど~」

エポキシの「ヒート何とか現象だ!」

シリンダー内のエポキシのゲル化が始まってる!
急いで使い切らなくては!
「うん?なに?」
ピストンを押しても先っぽから出なくなった。
「や~ばぁ~」
どんどんゲルが固まってきた。
このまま接着剤がシリンダー内で硬化したら・・・。
買ったばかりのシリング(注射器)が・・・。

「がぅを~!」

エポキシの掟
1.大量に混合すると大変な事になる。

------------------------------

b0139168_9261013.jpg
b0139168_9262948.jpg


次の作業は、接着剤の硬化を待って針金を抜くんだ!



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2010-11-12 09:39 | ヨット

ステッチ

テ と ッ の間に ィ を入れると

「スティッチ」b0139168_925756.jpg









でも、
ィ は、入ってないので・・・。
「ステッチ」
日本語に直せば、針を使って縫った縫い目の事らしい・・・。

-----------------------------------
こちらは、針金でステッチです。
パネルに穴をあけて
針金で縫いつけます。
b0139168_9321759.jpg


さっきまで、2次元の平面の板が
微妙なカーブに沿って曲げられ
3次元の立体になっていく!!
そして、舟のような形になるではないか!
これは、感動もんだ!
「す~げぇ~」
夕食も忘れ、夢中で針金を通した。

まずは、針金を緩めに締めて、仮止めをする。
b0139168_941185.jpg


その後、全体のバランスを見ながら
針金を締めつける。
こんな感じになりました。
b0139168_9422983.jpg


小さな隙間は、接着剤とパテで埋めるので心配なし!・・。?
少し離れて、全体を見る。
OH!
「舟のかたちになっとるで!」

「これで、前半分か・・。」
「しかし、大きいのう・・・。」
b0139168_9464652.jpg

「後半分は、もっと大きいでぇ!」

「・・・。」

「エレベーターに入るんか?」

「・・・。」




にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2010-11-11 09:50 | ヨット

ファイバーグラッシング

ボート作りの参考本に書いてる。
「ファイバーグラッシング」

これって、どういう意味?

「ファイバーグラス」は、日本語で「ガラス繊維」。
それに「ing」が付いて、現在進行形になるわけで・・・。
って事は、
ガラス繊維が進んでる状況を・・・。

そうか!
ガラス繊維に樹脂を「ベトベト・べたべた」する事なんだ!
それなら、ハードドジャーを作った時に、やった事がある。
まかせのタンゴだ!

まず、パーツより一回り大きくガラスクロスをカットする。
b0139168_9494798.jpg


そして、ベタベタとエポキシ樹脂を塗り付ける。
樹脂が浸透した所は、透明になって木目がきれいに見える。
ほとんど、クロスは識別出来ない。
b0139168_9504364.jpg


調子に乗って、小物・大物 どんどん張った。
b0139168_9534918.jpg

b0139168_9541048.jpg

b0139168_9572627.jpg


えっ!

参考本には、船体を組み立た後
全体にガラスクロスを貼るよう書いてる。

色々、考えた・・・。

しかし・・・。
船体を組み立てた後の立体状態だと樹脂が流れて上手く出来そうにない。
(そうなんです)
このエポキシ樹脂は、結構柔らかく硬化まで時間がかかるので
「だ~ら~」って流れるのです。
そして、
ガラスクロスの「しわ」!必ず出来る。
これ、どうやって処理するのか解らない・・・。

水平面のほうが作業が楽できれいに出来るのは、明解なんだ!
この手法で最後まで貫こう!

指示書では、片面でOKになってる所も
すべて両面ファイバーグラッシングした!

参考本と違う手法?
これって、どうなん?

吉・・?
凶と出なきゃいいが・・・。
[PR]

by eekaze | 2010-11-10 10:34 | ヨット

コーティング

ベニヤのカットも出来た。
このまま、組み立てれば舟のかたちになるわけで・・。

でも、
このままだとベニヤが水を吸ってブヨブヨになってしまう。

ベニヤにエポキシを塗って
しっかりとエポキシを吸い込ませると
強度も上がり、耐水性も出る。
と、書いてある。

テーブルの上にカットしたベニヤを並べて
エポキシ樹脂をベタベタと塗り付けていく。
最初は、木がかなり吸い込むので
上手く塗ることが出来ない。
表面もデコボコ・ざらざらになってしまう。
それにも負けず
サンディング・塗布をくりかえす。
「おやおや、何だか、きれいになってきたど!」

b0139168_9174464.jpg


「うん?何だ?あの黒い点は?」

b0139168_9181437.jpg


OH!
ベトベトのエポキシ樹脂にくっついて
飛び立つ事が出来なくなった
ハエが、お休みになってる!

ハエ採りボードだ!

このまま、樹脂と一緒に固めてやろうかね~
[PR]

by eekaze | 2010-11-08 09:22 | ヨット

You tube

小舟製作は、
コーティングからファイバーグラッシングへ
順調に進んでますよ!
様子は、次回アップします。

-----------------------------
それより、何より
「YouTube」ってのは、凄いもんで

尖閣の問題ビデオは、UPされるし・・・。

こんな凄いビデオも掲載されてるし・・・。




今日は、これでおしまいっす。


携帯は、ここをクリック!
[PR]

by eekaze | 2010-11-05 13:36 | ヨット