エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


総集編

エスカルゴ「太平洋小三角」


 沖縄本島の南端、屋武埼(キャンザキ)灯台と荒崎を左に見て
オートヘルムの-10ボタンを数回押し進路を93度(東)に設定する。
舟の前方には、水平線と雲しか見えない。
約800マイル 先には、小笠原諸島があるはずなのだが・・・。
b0139168_11103981.jpg


 やがて、後方の沖縄本島も水平線の彼方に消え
360度水平線の世界になった!

この360度水平線の世界に住んでいるのは、
海・風・波・雲・太陽・月・星、たちで
人間の匂いのする物は、一切存在していない。

ホームの瀬戸内海だと
必ず
島の護岸・送電線や集落が見え、色々な船とも出会う。
海に出ても
人間の匂いのする物だらけなので、
きっと
地球は、人間が支配しているのだと思っていた。
しかし、
この世界に入ってみると
支配しているのは、
海・風・波・雲・太陽・月・星たちであって
我々人間では無い事に気がつく。
人の匂いのしない、この世界こそが本当の地球だと感じる。
b0139168_11134053.jpg


 青空とまぶしい太陽の下
水平線には、入道雲が、もくもくと立ち上がって
フェンスになり我々の全周を取り囲み立ちはだかる。
そして、上空の太陽と雲は、
侵入者「エスカルゴ」を興味深そうに見下ろしている。
波と、そよそよの風達は、次から次へと近寄っては離れて行く。
きっと、侵入者を観察しているに違いない。
機嫌を損ねると、ひとたまりも無い。
大きな波一つで、簡単に海に飲み込まれてしまう。
だから
そっと、静かに、ゆっくり、息をひそめて・・・。
b0139168_1114325.jpg


 太陽が、はるか水平線に沈むころ
立ちはだかっていた水平線の入道雲達は、オレンジ・黄・朱色に輝き
海、波たちも黄金色に染まる。
侵入者「エスカルゴ」を暖かく包み込んでくれた。

「ありがとう。」
b0139168_11143634.jpg

b0139168_11145361.jpg

b0139168_1115119.jpg

b0139168_11152446.jpg


 夕焼けショーの次は、
空に、星が輝き始める。
大空劇場・天体ショーの始まりだ。
ステージは、大宇宙だ。

空飛ぶ鯨がひしゃくで海の水を汲んでいる。
熊やライオン、象やキリンもいる。
北斗七星・北極星・カシオペア・さそり座・・・
ほかの星座の名前は、分からない。
あとは、自分で勝手に名前をつける。
間違っていても「なんくるない。」
正しい名前だって、所詮人間が考えたものだから・・・。
きっと、
星には、本当の名前があるはず・・・。
でも、人間には教えてくれない。

 天体ショー・ステージに黒幕が下りて夜空は、真っ暗になる。
ステージ西の方から雷雲が稲妻を海に落としながら登場する。
「ピカッ・ピカッ・ドッゴロゴロ。」
爆音で海までが振動する。
東・北・南からも雷雲が沢山登場し縦横無尽に踊りまわる。
稲妻・雷雲ダンスの始まりだ!
大粒の雨と爆風をまき散らし、スパークでリズムをとる。
波たちは、白波をたてて喝采する。
どうやら
「エスカルゴ」は、ステージ中央に迷い込んだようだ!
b0139168_11155451.jpg


  ステージ東の照明が徐々に明るくなって
夜の部の終演を向かえる。
昨日、西に沈んだ太陽が、今度は東から登場する。
その頃
星は、一つ二つと消えて、
天空ステージを太陽に譲る。
b0139168_11163164.jpg

b0139168_1118557.jpg


こんな、スケールの大きなショーが、
24時間・毎日・永遠に開催されている。
しかも、毎回プログラムを変えて
スペシャルゲストで「台風」も登場する。

こんな世界に、人間は絶対、住めない!

ちょと、お邪魔するだけで、精一杯だった。


----------------------------------------------------------------

b0139168_1119666.png


2012年     発                           着
4月13日0000沖野島マリーナ       105nm →    13日1400愛南町(旧西海)
   14日0700愛南町(旧西海)       214nm →     15日1420屋久島・宮之浦
   16日0715屋久島・宮之浦        65nm →    16日1800中之島
   17日0700中之島              56nm →    17日1630宝島
   18日0715宝島               61nm →    18日1800奄美・古仁屋
   19日          時化の為、古仁屋滞在
   20日          時化の為、古仁屋滞在
   21日          時化の為、古仁屋滞在
   22日0600奄美・古仁屋           85nm→    22日1700与論島
   23日0700与論島              65nm→    23日1650沖縄・宜野湾
   24日0815宜野湾              23nm→    24日1400慶良間
   25日0800慶良間              23nm→    25日1300宜野湾
   26日          宜野湾、滞在
   27日0600宜野湾              175nm→    28日0930宮古島
   29日          宮古島、滞在
   30日          宮古島、滞在
5月01日          宮古島、滞在
   2日1430宮古島              170nm→      3日1300渡嘉敷1700座間味
   4日           座間味、滞在
    5日0900座間味               28nm→      5日1430宜野湾
    6日           宜野湾、滞在
    7日・エスカルゴを宜野湾マリーナへ預け、飛行機にて広島へ帰る。

7月05日0600宜野湾               212nm→      6日1830南大東島
    7日1410南大東島             595nm→    13日0930父島
   13日~17日       父島、滞在
   17日1630父島                 598nm→    22日2000土佐清水
   23日0930土佐清水               56nm→    23日1930佐伯
   23日0500佐伯                 90nm→    24日1930広島観音

                      総航行距離:2621nm

b0139168_11301070.jpg

[PR]

by eekaze | 2012-08-28 11:30 | ヨット