エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


エスカルゴS

2011年3月に進水した、
エスカルゴのテンダーボート
「エスカルゴS」
試乗会の後、数回しか出動場面は無く
桟橋にブルーカバーをかけられてオブジェとなっていた。

今回、本船エスカルゴに積載しようと思い
ロープで吊って、立てたりしていたら
Sは、浸水したら、沈没する事が判った!(あたりまえ)
って事は・・・。
雨水が溜まっても・波をかぶっても沈没する訳で・・・。
これは、危ない!
何とかしなきゃ~ 

そして、我が家は、また造船所となった。
b0139168_09323188.jpg
まずは、
床面を水面より高くするために台座を作る。
水平器を使って、水が両端前部へ集まるように調整するが、
かなり、怪しい。
b0139168_09344675.jpg
排水用の受けをFRPにて形成する。
型は、水道パイプと角材で・・・。
b0139168_09414771.jpg
FRP硬化を待って、
ポッコっと外すとこんな形が出来た。
b0139168_09485582.jpg
b0139168_09473019.jpg

床板に貼り付けるとこうなる。
かなりいい感じなので、機嫌が良くなる。(ルンルン)
b0139168_09503828.jpg
海辺で拾ってきた、発泡スチロールの俵を
のこぎりで切断する。
あたり一面、発泡の粉で真っ白になる。
おりしも雪が降りだし辺りは、真っ白になる。
どっちが、どうだか・・・?

b0139168_09512358.jpg
切り出した、発泡を床下に張り詰める。
これで、万が一床下に水が入っても沈没は、免れるだろう。
b0139168_09560850.jpg
b0139168_09563921.jpg
発泡を詰めた後、FRP処理した床板を張る。
こんな感じになった。
b0139168_09565401.jpg
b0139168_09562452.jpg
あとは、塗装をして・・・。
「わっ!」 
塗料をネットで発注した為、サンプル色がイメージと違っていたのだ。
とっても品のない配色になってしまった。
「センス悪っ!」
しゃ~ないやんけ~
「まっ いいか!」
「なんくるないさぁ~」

b0139168_09571397.jpg
これが、自慢の排水口だ!
b0139168_09573972.jpg
b0139168_09574844.jpg
船名ロゴを入れて完成!
b0139168_09580404.jpg
さぁ~
この「エスカルゴS」に乗って無人島へ上陸だ!
「どこへ、行こうかね~」




[PR]

by eekaze | 2014-02-24 10:25 | ヨット

行ってみたい!

グーグルアースで海を見ていた。

ここが沖縄で・・・。
ここが小笠原で・・・。
そして、硫黄島はここ・・・。

拡大して見ると、かなり楽しい!
入り江にヨットらしい舟がアンカリングしていたり、
思わぬ動物の群れが写っていたり・・・。

島を発見する事もある。
何も無いと思っていた、小笠原とグアムの中間よりやや北に
小さな島を発見した。
その島は、C型に連なっている!
いったい、この島は、何なんだ?
b0139168_19460162.jpg
さっそく、グーグルで検索!
その名は、マウグ島!
かつては火山でありその外輪山が北島、東島、西島の三つの小島になっている。
現在は無人島。
かつての火口カルデラは、三つの島のに囲まれた入り江となっている。
岩礁地帯の土壌であるが、低木や草等の植物が自生している。
東島は海鳥の営巣地になっていてココナツヤシも自生している。
海は大変透明度が高いために、水深50mぐらいの深さまで珊瑚礁の発生が見られる
スペインの探検家ゴンサロ・デ・エスピノーサ(Gonzalo de Espinoza)が1552年にこの島を訪れている。
記録によれば、当時約20名のチャモロ人が居住していたとされる。
渡航手段は船をチャーターする。

へぇ~ そうなんだ!

小笠原からグアムまで島は無いと思っていたんだけど・・・。
沢山、島が連なっているんだ。
北から2番目の★印の島がそのマウグ島!

b0139168_19461098.jpg


太平洋上で、いきなりこんな島と遭遇したら・・・。
どうする?

マウグ島で
アンカリングして一夜を過ごす?

ええねぇ~

「よ~し、行ってみるか!」

しかし・・・。

















[PR]

by eekaze | 2014-02-17 20:14 | ヨット