エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014.04.30


20:00
ポジション
32度05分N
134度16分E
父島まで残航511マイル(全590マイル)
進路110度
スピード6ノット
天気:うす曇
風:南東15ノット

今回より、イリジュムを使っての投稿。
回線に限界があるので、写真は、送れない。

朝0800
10日間お世話になった土佐清水港を後に、小笠原父島を目指す。
(後ろ髪は、絶対に引かれてない。)
出航時は、西の風が20ノットと三角波に翻弄されるが、
昼前ごろには、風の15ノット程度、波も周期的なうねりに変わる。

メインセールはワンポイントリーフ
ブジは、フルで低速平均7ノット、
うねりの山からすべり降りる時は、時折10ノットを超える。
「快調・快調!」「校長先生、絶好調!」(意味不明)

15時ごろ、ツバメが船内に入ってきた。
渡りの疲れを癒しに、入ってきたのか、ここに巣を作るのか?
今でもまだ、暗い船内のどこかに潜んでいる。
先ほど、寝ていると顔に羽音と風があたった。
[PR]

by eekaze | 2014-04-30 20:30 | ヨット

2014.-04.29

今日も土佐清水港へ滞在。
グアム近海で発生した台風の動向を観察する。

小笠原で合流する仲間は、すでに「おが丸」に乗船したらしい。

ロングクルージングは、こんなもんよ!
と、自分で納得する。

昨日から、オナン発電機の調子が悪い。
点検してみると、
これだ!
b0139168_7191661.jpg

インペラーを交換する。
しかし・・・。
冷却海水が上がるのが遅い・・・。
ゆっくり、考えよう!

朝から吹き荒れた、南西の風も収まり
天気も回復してきた。
台風も我々が小笠原近海へ到着する頃には、影響は無くなりそうだ。

いつものお風呂へ行き、夕食は、鰹とブリの刺身。
ビールを飲みながら・・・。
「よ~しっ!」
明日、30日の朝、小笠原へ向けての出港を決意する。
[PR]

by eekaze | 2014-04-30 07:28 | ヨット

2014.04.28

予報通り、寒冷前線の通過で雨が降ってきた。
この雨が上がると
風向も変わり、いよいよ出港だ!
高まる気持ちをグッと押さえ、心と船の準備をする。
そんな時・・・。
いやな知らせが舞い込んできた。
台風5号がグアム辺りで発生して
小笠原方面に向かっている。
「はあぁ~?」

「一体、全体、エスカルゴの運命はいかに!」
「また続くの心だ!」

ーーーーーーーーーーーーーーー
隣に係留している、
アラスカから3年かけてやって来た、
ヨットToyatte の2人とエスカルゴで夕食をともにする。
白ワインとクッキーを持ってきてくれた。
「ありがとう!」
b0139168_9134010.jpg

そして、
食事かと思いきや、その前に作業が待っていた。
恒例となった、エスカルゴ名物、餃子の皮包み作業だ!
b0139168_9153425.jpg

慣れない手つきだが、器用に餃子作りをこなしている。
「よし、よし!」
「食う前に働くのだ!」

彼らは、
初めての日本で、鹿児島で入国して北海道まで北上の後、
アリューシャン経由でアラスカへ帰るらしい。
せっかくなので、瀬戸内海のクルージングを薦める。
そして、
古い港湾案内があったので、プレゼントする。
しかし、これは・・・。
観音マリーナが載ってない位、古いのだ!
大丈夫かいのぅ?
プレゼントされた本人は、大喜びで本を握りしめていた。

エスカルゴのオーブンで焼いた
チーズケーキを堪能した後、
いろいろの物を持って喜んで帰っていった
ラブ&ケイトだった。
b0139168_9342155.jpg


土佐清水、国際交流の一夜は更けていく!
[PR]

by eekaze | 2014-04-29 09:42 | ヨット

2014.04.27

あれでも? 
ひょっとして?
馬場さんに28日の出港を打診してみる。
が、しかし・・・。

「予想される低気圧は四国沖通過が4/29前半です。
この動向を見てからの出港をお勧めします。」

こんな返事が返って来た。

開き直って、足摺岬観光へ行く事にする。
ローカルバスに乗り、狭い海岸線を走る。
ジョン万次郎の生家がある「中の浜」を通り
四国最南端の足摺岬まで
約20kmを1時間かけて、ゆっくり走る。

b0139168_8232496.jpg

b0139168_8255437.jpg


展望台へ上がり
小笠原方面を見つめる。

「遠いぃのう~」

「・・・・」

「いつ、小笠原へ着くんかのう~」

「・・・・」

b0139168_8274155.jpg

[PR]

by eekaze | 2014-04-28 08:29 | ヨット

2014.04.26

これから、28、29日にかけて
低気圧が通過の予報!
その後、安定するらしい・・・。

馬場さんのお勧めは、29日の出港。

しかし・・・。
土佐清水で一週間も待機になるなんて・・・。

ある情報によると
沖縄方面を目指していた同じマリーナの方が
強行スケジュールと荒天のため、
大変お疲れになっているらしい・・・。

やっぱり・・・。
待機していてよかった。

今日、外国ヨットが入港してきた。
b0139168_9433648.jpg
b0139168_944887.jpg

USAを出て3年、
この後、日本を北上して、北海道からアラスカへ向かうそうだ。
すごい!

b0139168_9461377.jpg

いつものお風呂へ行き
長い一日が終わった・・・。

あ~ぁ あ~ぁ た・い・く・つ!
[PR]

by eekaze | 2014-04-27 09:50 | ヨット

2014.04.24

エスカルゴは、こんな状態で港の岸壁に横付けになっている。
b0139168_8261989.jpg

朝5時半、
船から岸壁に向かって用足しをしていると・・・。
(海側のバースは、OH長老が使っているので船の上を歩くと迷惑がかかる。)
(船内のトイレは、OH長老のバースの側にあるので、ゴソゴソすると迷惑をかける。)
(直接、海に飛ばすと、すっきりする・・・。?)
以上の理由で、
船から岸壁に向かって、ジャバジャバと開放感にひたっていた。
その時、
岸壁の上を早起きのおじさんが歩いて来た。
普通、こんな光景に出くわした時は、目をそらせて通り過ぎるのだが・・・。
おじさんは、こちらにやって来て
「おはようございます。」って言う。
こちらも、
「ジャバジャバ・ジョロジョロ」音を立てながら
「おはようございます。」って言う。
おじさんは、岸壁の縁から私を見下ろして
「あんたぁ~風呂で会った、宮崎の人よね?」(土佐弁が再現出来ない)
朝の用足しは、長いのだ!
ジョロジョロ・・・。
「違いますょ~広島ですよ~」
おじさんは、私の一物を見つめながら・・・。
「広島から、どれ位かかった?」とか
「何人?」とか
「これからどこへ?」とか
早くどこかに行ってほしい、私の気持ちを汲み取る事なく
岸壁の上から質問を浴びせるのであった。
(とある、漁港の早朝の光景でした。)

それにしても、朝一番の用足しは、長い!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
馬場さんサポートの指示は、まだ待機です。
神の声がOK出るまで、出港待機します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

OH長老をエスコートしながら、
片道30分のサイクリングを楽しみ
「ジョン万次郎・資料館」を見学する。
おりしも
オバマ氏、来日の日。
b0139168_8544131.jpg

b0139168_855652.jpg


そして、夕日の頃、お風呂に入り
長い、土佐清水の一日が終わる。
b0139168_8562617.jpg


※スクープ!!
OH長老が、あの後ろに束ねた長髪を断髪しました。
詳細は、続報にて・・・。
[PR]

by eekaze | 2014-04-25 09:07 | ヨット

2014.04.23

土佐清水港は、
朝から、
天気は、晴れ!
風弱く(港内)
絶好のクルージング日和と思いきや・・・。
気象サポートの馬場さんからは、
これから時化になるので数日とどまるよう、指示が入る。

この神の声には、絶対逆らえない。

b0139168_9232632.jpg

別にする事もなく、船内でゴロゴロしていたが、
一抹の不安が残っている、ウィンドジェネレーターの
ステーを補強する部材を購入する為、
ホームセンターに出かける事にした。

自転車で10分程度の所にホームセンターがある。
パイプ・チーズは、ステンの物があったが、
Uボルトが鉄の物しか在庫が無い・・・。
止むおうえず、臨時対策ってことで鉄のUボルトを買って帰る。

そして、こんな感じになった。
b0139168_9285053.jpg


作業中の図
(後ろから写真を撮られると、よく分かる・・・。)
(だいぶ、はげが進行したのう・・・。)
b0139168_929494.jpg

そして・・・。
お風呂に行って、
長い一日が終わりました。
[PR]

by eekaze | 2014-04-24 09:35 | ヨット

2014.04.22

朝から、小雨模様・・・。

めちゃくちゃ暇なので、
ニラ・キャベツ・タマネギを
小さく小さく刻む・・・。
そして、皮に包んで・・・。

そう!

エスカルゴ餃子センターの開店です。
b0139168_109581.jpg

これが、旨いのなんのって・・・。
ほっぺが落ちて、ビールが進むんだぁ~
ビールが4本・5本と空いた頃、
隣に係留してる
旅のヨットMTさんが泡盛と刺身を持ってやって来た。
ずるずると飲み、どんどん盛り上がる。
そして、最後には・・・。
こんな事になってしまった。
b0139168_10154427.jpg

これで・・・。
今日のすべてが終わった・・・。
一歩も船から降りない一日だった。
[PR]

by eekaze | 2014-04-23 10:24 | ヨット

2014.04.21

ウィンドジェネレーターのステーの修理もできたので
1030宿毛港を後に土佐清水へ向かう。
土佐清水には、風呂屋が2軒もあるのだ!

宿毛でホームセンターに行った帰り
釣具屋で買った、新しいルアーを流す。
引く事1時間、土佐清水の手前で
リールが、「シャー・シャー」と鳴き始める。
リールの糸が一気に出ていく。

「ヒットだ!」

船を止めリールを巻く、
かなり重い

半分くらい巻いたところで
昼寝中のOH長老をおこす。
オールハンズだ!
2人で大騒ぎをしながら、糸を巻いていく。
近寄った魚は、船の下へ潜り込んだ。
「やばい」
前回、1m級のサワラを逃がしたのは、この時だった。
今度は、落ち着いて糸を緩めながら様子を見る。
しばらくして船の外側へ出てきた時を狙って
一気に巻き上げる。
そして今回新調したギャフで一気に取り込む。
「おおお~ぉう~」  ←雄叫び

釣り糸の先についていたのは、
75cmのハマチブリ
「ついにとったどぅ~」
b0139168_956059.jpg
b0139168_9563347.jpg

[PR]

by eekaze | 2014-04-22 10:06 | ヨット

2014/04/20

朝0700 佐賀関を後に、土佐清水をめざす。
北東の追っての風でスピードは、7ノット平均でている。
この分なら1800までには、到着するだろう。

佐伯の沖あたりで、
なにげに後ろの風力発電のポールを見ると
妙に、前後にしなっている。
まるで釣り竿のように・・・。
目の錯覚か、船酔いの現象か、アルコールが切れた幻覚か?

近くに行って見ると、前後方向に支えているステーの
取り付けビスが脱落して、完全に離れている。

慌てて船を止め、ロープで四方から補強する。
b0139168_9263839.jpg

b0139168_9413693.jpg


その後、風がいきなり前に変わり、船は大きなピッチングを繰り返す。
風力発電の支柱を見ると、ロープで補強した上の部分が前後にしなっている。
この海況で支柱の上に上がる事は、不可能なので
もう、見ない事にする。
「くわばら・くぁばら・・・。」

一番近い港、宿毛へ入港を決定した。
1500宿毛へ到着
b0139168_9334939.jpg

宿毛のホームセンターへ行き
6mmのビスと緩み止めの接着剤・荷締めロープ等を購入する。
ねじの部分には、緩み止めとビニールテープでビスが脱落しない用にした。
b0139168_9365135.jpg

中間とトップに荷締めベルトで補強する。
b0139168_9375656.jpg


果たして、これで大丈夫なんだろうか?
[PR]

by eekaze | 2014-04-21 09:42 | ヨット