エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


かんから三線(さんしん)

戦後、物資がなかったころ
三線の代用品として、沖縄で使われていたらしい・・・。

空き缶に、「さお」を刺しただけのシンプルな作りだけど
なにが、なんと、よく鳴るのです。


おっう! これは、楽しそうだね~
エスカルゴで
こんな風に弾けたら、いいなぁ~
組み立てキットが4320円
さっそく、「ポチッ」!

届きました
はるばる、沖縄から こんな箱が・・・。
ようこそ、「はいさい!」
b0139168_19272057.jpg


オプションで教本とチューナーも発注した、
これが、箱の中の物すべて
b0139168_19265168.jpg


さっそく、
シーラーを塗って、ペーパーがけ!「ごしごし」
(丸い物は、ついでのシーラーで、時計を作ってます。三線とは別件)
b0139168_1928222.jpg


それらしく、色をつける。(マホガニーもどき)
しゅう~ シュウ~ しゅう~
b0139168_19304231.jpg

b0139168_19305575.jpg


とりあえず、組み立てて見る・・。
空き缶の色と、さおの色が不自然?
b0139168_19321813.jpg


そうだ!
三線といえば・・・。 「ヘビ~」
ネットでは、何でも手に入るのです。
b0139168_19341448.jpg


空き缶の側面に「ヘビ」を貼り付けて
「おおっう! かっけぇ~!」
b0139168_19352027.jpg

b0139168_1935406.jpg


これで、完成だ!
「エスカルゴ風 かんから三線」


さあ!
演奏の練習・練習。
三線の楽譜を開いて、驚いた!

「こっこれは・・・。」
「何~ これが、楽譜?」
意味~難解~
b0139168_19402638.jpg

[PR]

by eekaze | 2015-02-19 19:50 | ヨット

神奈川沖浪裏

b0139168_1651568.jpg


Wikipediaによると

『神奈川沖浪裏』(かながわおきなみうら)は、葛飾北斎が制作した木版画である。
1831年(天保2年)頃 に出版された名所浮世絵の連作『富嶽三十六景』の一つで、
巨大な波と翻弄される舟の背景に富士山が描かれている。
北斎の作品の中では最も有名であり、世界で知られる最も有名な日本美術作品の一つである。

大波、3隻の船、背景の富士山、と3つの要素で構成され、
本来雄大なはずの富士山は小さく描かれ、前景の大波の豪快さと対比させている。

画面内には大波に翻弄される3隻の船が描かれる。
この船は当時活魚輸送などに使われた押送船である。
船ごとに櫂にしがみつく8人の漕ぎ手が居り、船首には2人以上の乗客が見え、
人々は船の中で硬直し、動的な波との対比を見せている

海は荒れ狂い、波の波頭が砕けるその瞬間を切り取っている。
波の曲線は弧を描き、背景の富士山を中心とする構図を形作る。
波頭から飛び散る波しぶきは、まるで富士に降る雪のようでもある。
奥の舟と波高はほぼ等しく、押送船の長さは一般的に12mから15mであり、
北斎が垂直スケールを30%引き延ばしていることから、
波の高さは10mから12mと推測できる。
----------------------------
へぇ~
海好きには、たまらなく感動する絵(版画)なのだ!
このデザインでTシャツを作って見ようかね~
なんて事を思いついたのが、運のつき・・・。

まず、ネットからできるだけ大きな画像を探してきて
Tシャツ用に画像を加工する。
一般的には、「イラストレーター」ってアプリを使うらしい、が・・・。
持っていない・・・。(買うとメッチャ高い)
なので、
1ヶ月試用版(無料)をダウンロードする。
って事は、1ヶ月以内にアプリの使い方をマスターして
作品を仕上げなければならないって事で・・・。

さっそく、「イラストレータ」を起動する。
プロ用に開発されたアプリだけに・・・。
めちゃくちゃ機能が多い。
適当にアイコンをクリックしてみると
カタカナの専門用語がづらりと出てくる。
まったく意味がわからん。
しばらく、触ってみたが、
自分にできるのは、「終了」と「起動」のみ。
「こりゃあ、無理だわ!」

windowsに付録でついている、
「ペイント」ってアプリは、どうだ?
これなら、簡単そうだぞ!
レイヤー機能とかは無いが、何とか使えるかも?
画像を目一杯拡大して、ドットを消したり、コピーしたり・・・。
チマチマした作業が続く。
3日かかって、やっと、
一番奥の船に半分消えてもらった!
b0139168_17383687.jpg

少し慣れてきた!    全部、消えた!
b0139168_17452838.jpg


よ~っし!
このあたりに、ヨットが波を滑り降りる絵を入れよう!
まずは、ヨットの画像。
b0139168_17492438.jpg

沢山探した中でこれが、最高!
でも・・・。
メインセールの上半分が写ってない。
描くしかない。
想像で、影なんかを入れながら、チマチマとドットを描いていく。
そして、背景からヨットと引き波を切り抜くと、こんな感じになった。
拡大しなければ、大丈夫だろう?
b0139168_17552684.jpg

そして、
富士山の右の大波でサーフィングだ~
b0139168_1757167.jpg


背中の文字を入れて基本になる画像が完成した。「わぁい!」
b0139168_1855514.jpg


「昇華プリント」って技術で、Tシャツの布を染める。
b0139168_1812836.jpg


カットして、縫い合わせれば、完成!
b0139168_1813454.jpg

b0139168_18132945.jpg


どうだ!
ちゃんと、ヨット・エスカルゴがサーフィングしてるだろう!
b0139168_1814557.jpg

-----------------------------------

エスカルゴの仲間全員に、Tシャツを配り
着てみる・・・。

なんだか。。す、すっごい!

おい!
これは、「もんもんTシャツじゃないか!」

怖っ~
-----------------------------------
昇華プリントに興味ある方、コメント入れて下さいね。
詳しく説明しますよ。
[PR]

by eekaze | 2015-02-06 18:28 | ヨット