エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:ハードドジャー ( 14 ) タグの人気記事


In summer for 55

若い頃は、
時間は無限にあり・夏も永遠に繰り返しやって来るものと思っていた。
しかし、
この歳になり、
時間には、限りがあり・この年の夏は、1度しかない事に気づく。

55回目の夏は、ハードドジャーの夏だった。

こんな物から
b0139168_9321845.jpg

                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
こんな物が出来た。
b0139168_9254084.jpg

b0139168_9285845.jpg

b0139168_926399.jpg

b0139168_9261834.jpg


                    
[PR]

by eekaze | 2010-09-21 09:34 | ヨット

裏・完成

白のゲルコートを塗るというより、
流し入れる感じで、ドバッと塗りたくり、

裏・完成!

b0139168_1537577.jpg


実際には、
船体に取り付けると屋根の上(表)は、ほとんど見えず、
内側の部分(裏)をいつも見ている訳で・・・。
じゃあ、裏をきれいに仕上げれば良かった?

しかし、裏は所詮、裏であって表では、無い。

やはり、見えなくても表をきれいに仕上げなくては・・・。

でも
内側の部分(裏)をいつも見ている訳で・・・。
[PR]

by eekaze | 2010-09-09 15:46 | ヨット

表・完成

パテ入れ段階では、発見されなかった穴も
プラサフを塗装すれば、はっきりと見えてくるんだ!
これは、放置できない。
やっぱ、もっと丁寧にパテ入れをすればよかった・・・。
「もう、いやっ!」
泣きながら、一つ一つ穴を埋めて行く。

その後、全体を800番・1000番の水ペーパーで研ぐ。
すると、どうでしょう!
見る見る間に・・・。

OH!
ツルツルになってきたど~!

楽しくなってきた、
どんどん磨く、がんがん磨く。
研ぎ終わった写真 ↓
b0139168_12581598.jpg


よし!
いよいよ
仕上げのウレタン塗装だ!

エスカルゴの色は、白だけど、かなりアイボリーぽい。
アイボリーは、白に黄色と赤を混ぜたらできるらしい?
IS師匠と調合にかかる。
まず
白に黄色を入れて見る。
何ってこった!
バナナになった。
これは、黄色の入れすぎだ!

今度は、赤を投入。
おおおおっ
イチゴになった。

「バナナとイチゴを混ぜたら、どうなるんかのぅ~ ガハハッハ。」
笑ってるIS師匠の目が
魔法使いの顔になっている。

たしか、ハリーポッタでこんなシーンあったような?

しきり直して、
また新しい容器に白を入れ直す。
そこへさっきのバナナとイチゴをまぜた魔法ジュースを
少しだけ入れる。
(この少しだけが重要!さもないとまた新種のフルーツジュースになる!)

お見事!
エスカルゴ色になった。

ひたすら、吹き付ける。
あたりは、薄暗くなってきた。
やっと
表面の完成だ!
b0139168_13202197.jpg


ほら、屋根のツヤ!
向こうの景色が写ってるでしょ!
b0139168_13213945.jpg


あとは、内側の塗装をして
いよいよ
エスカルゴへ取り付けだ。

完成したら、
手伝ってくれた人や、
差し入れを持ってきてくれた人
見て指図をしただけの人。
みんな集まって
完成パーティを盛大にやろう!
[PR]

by eekaze | 2010-09-07 13:31 | ヨット

プラサフ

「プラサフ」
プライマーとサフェイサーが合体したわけで・・・。
プライマーは、塗料の密着性をよくする。
サフェイサーは、研ぐと下地がツルツルになって表面が美しくなる。
らしい?

パテ埋めも完了して、次の行程の「プラサフ」を塗装する。
パテのまだら模様が、グレーになる。
何だか、自衛艦のパーツみたいだ。
ついに全容を表した「ハードドジャー」

ええ感じになってきたど~

にんまり~。にんまり~。
b0139168_8251623.jpg



近寄って見ると!

「ううん?」
b0139168_8281015.jpg


もっと
近寄って見ると・・・。

「・・・。」
b0139168_8285348.jpg


あっちにも

「・・・。」
b0139168_8301750.jpg


こっちにも

「・・・。」
b0139168_830575.jpg


そっちにも

「・・・。」
b0139168_8322137.jpg



「あ あ  ぁ~」
[PR]

by eekaze | 2010-09-06 08:43 | ヨット

一歩進んで二歩さがる

船体への取り付けベースも出来上がり
あとは、表面の磨きと塗装だ!
完成までもう少しになってきた

しかし・・・。

表面を研磨していると、ゲルコートの下、第1層目に入った泡を発見!
あっちや、こっちや、いたる所から発見される。
表面はきれいに見えても、ゲルコートが割れたら穴が出てくるわけで・・・。
どうしてもこいつを処理しなくては・・・。

サンダーで穴を削り、パテで埋めて行く。
パテの硬化に一晩かかるのでその日は、それで終了。

次の日、パテをサンディングしていると
また、別の泡を発見する。
サンダーで穴を削り、パテで埋めて行く。
パテの硬化に一晩かかるのでその日は、それで終了。

次の日、パテをサンディングしていると
また、別の泡を発見する。
サンダーで穴を削り、パテで埋めて行く。
パテの硬化に一晩かかるのでその日は、それで終了。

次の日、パテをサンディングしていると
また、別の泡を発見する。
サンダーで穴を削り、パテで埋めて行く。
パテの硬化に一晩かかるのでその日は、それで終了。

次の日、パテをサンディングしていると
また、別の泡を発見する。

おいおい、いつまで続くんだぁ~

b0139168_913217.jpg

[PR]

by eekaze | 2010-09-04 09:14 | ヨット

3階建てヨット

自動車・ファンカーゴから型を取って制作中の
エスカルゴへのプレゼントは、着々と進行中~。

窓枠の取り付けも出来たので、

今度は、
本体をエスカルゴに乗せて
ドッグハウス上の取り付けベースの作成にかかる。

とりあえず、仮置きをして見た。
何だかエスカルゴに3階展望席が出来たようだ・・・。
向こうに別の船が泊まってるようにも見える。

「何だか変?」

こんなヨット見たこと無い・・・。

b0139168_943975.jpg


ビビニトップを張ってみる。
何と!
まったく計ってなかったのに、ピッタリ収まる!!

少し、気分が良くなってきた。

b0139168_953140.jpg

b0139168_961225.jpg


----------------------------------

先日、エスカルゴ回航の時に話題になった
「南アフリカでのホエールウォチングの最中
くじらが、いきなりジャンプしてきてヨットのブームに激突する。」
その大変なムービーは、こちらです。↓

くじらとヨットのムービー←クリック

ヨットは、マストが折れ大破したものの
幸い、けが人は無かった模様

こちらは、おまけ←クリック
[PR]

by eekaze | 2010-08-30 09:25 | ヨット

窓枠

たっ!
たいへんだっ!
手の指に樹脂が付いて、硬化してしまった!
指が5本とも曲げることが出来ない。

なっ!
なんだっ!
髪の毛にも樹脂が付いて、硬化してる。
繊維は違うが、FRPになってるじゃないか。

おっ!
おおおおおっ!
ひじも・脇の下も
どんどん硬化が始まっている。

全身がベタベタになってるどぉ~

ああっ~~もうだめかもぅ~

目がさめた・・・。

何て、ひどい夢だ!
全身汗で、びしゃビシャ・
のどがカラカラだ。
時計を見るとAm2時。 

寝苦しい熱帯夜の悪夢だった。


--------------------------------

一番最初に作った、窓枠を型から外してみる。
縁の部分がかなり湾曲している。
そして、空気が入ってプクッと膨らんだ所もかなりある。
「なんくるない!パテをてんこ盛りにして修正すればいいんだ。」
b0139168_1591297.jpg


窓枠と同じ寸法のしるしを赤いマジックで書く。
b0139168_15113241.jpg


赤い線の通り、切り取って
そこに枠を入れます。
かたちは、複雑に曲がってるので
絶対に合わない。 
うん、うん・・・。
力まかせに枠を変形させて入れると
今度は、ガラスが
絶対に合わない。

どうしよう・・・。

枠と本体の隙間にパテをてんこ盛りにして
その上からガラス繊維を積層する。
b0139168_15164431.jpg


あとは、サンディングあるのみ・・・。

なんくる・ある?
[PR]

by eekaze | 2010-08-24 15:22 | ヨット

おかげで、進化してます。

スクラップで貰ってきた「ファンカーゴ」
屋根とドア・フロントにFRPを張り付けて、補強にリブを入れました。
b0139168_8464385.jpg


FRPの硬化を待って
「ファンカーゴ」から分離します。
第1回目の感動でした。
b0139168_84826100.jpg


周りのバリを取って、デコボコの所をパテで修正します。
メス型の完成です。
b0139168_8495226.jpg


完成したメス型に剥離材を塗布した後、ゲルコートを塗布します。
b0139168_8512019.jpg


その後は、
黙々とFRPの積層です。
リブで補強して、6枚積層しました。
「ベタベタバテ・・・。」
b0139168_8535834.jpg


そして、いよいよ、ついに、
メス型から製品が分離されました。
第2回目の感動です。
向こうに見えるのが、メス型。
手前が生まれたばかりの製品です。
b0139168_8562517.jpg

b0139168_858229.jpg


これから窓枠を取り付けて
細部の補修をした後
エスカルゴへの取り付けです。

「OH! 身が引き締まる~ゥ」


素人工作なのに
はじめてのFRP工作なのに

たくさんの方に、手伝ってもらったおかげで
ここまで出来ました。

この場を借りて御礼申し上げます。

まだまだ、作業は続きます。
これからもよろしくお願いします。

作業の様子を見に来るときは、
絶対に作業服を忘れないようにね!
[PR]

by eekaze | 2010-08-19 09:12 | ヨット

脱皮

「バシっ・ビシっ・パリっ」

まるで、
頑固な「ハナクソ」が取れた時のような
むずかゆい、「かさぶた」が剥がれた時のような。
この快感は、何だ!

バールのような、スクレーパーを
ファンカーゴとFRPの隙間に差し込み
少しずつ、剥離させて行く。
格闘する事、30分!

「バシっ・ビシっ・パリっ」

前半のクライマックス、「脱皮」に成功!

表面は、想像していたより、きれいだ。

「いいぞ!」



携帯は、http://www.youtube.com/watch?v=i_Oxo-6qo9c

そう言えば、
カニの脱皮って
あの、たくさんある長い足は、
どうやって抜けるのかな~?

さすが、YouTnbe ありましたよ!

これは、一見の価値ありますぞ!




携帯は、http://www.youtube.com/watch?v=VgCDcobtZHs
[PR]

by eekaze | 2010-08-05 08:36 | ヨット

また、ベタ・ベタ・・・。

今度は、車体に「ゲルコート」を塗ります。
樹脂系の塗料は、一般の塗料と違って、
とにかくやたら「ベタ・ベタ」なのです。
b0139168_872880.jpg


これで完全硬化するまで、1日待った後、FRPの積層が始まります。
ガラス繊維に硬化剤を混ぜた樹脂を
「ベタ・ベタ・ベタ」
1層、出来たら、その上にまた1層。
「ベタ・ベタ・ベタ」
3層、貼りました。
b0139168_8245673.jpg


強度を増す為に、発泡スチロールで骨を作ります。
大ざっぱに、ポンポン貼っていく。
丁寧に作らないと
後の作業がとっても苦労する事など、この時には、気づくはずも無かった。
b0139168_826299.jpg


不揃いの発泡の骨を包み込むように
ガラス繊維を貼っていく。
「ベタ・ベタ・ベタ」
「ベタ・ベタ・ベタ」
「ベタ・ベタ・ベタ」
b0139168_8314637.jpg


----------------------------------
働いた後の冷えたビールは、最高だ!
1杯目は、特に旨い。

おかずの刺身に、
細く千切りになった大根のケンがからみ付いている。

大根が、ガラス繊維に見える。

暑さのせいだけでは、ないようだ・・・。

いつまで、続くんかのぅ~

「ベタ・ベタ・ベタ・・・。」
[PR]

by eekaze | 2010-08-02 08:42 | ヨット