エスカルゴ


私の名前は「エスカルゴ」。 でも、カタツムリでは、ありません!
by eekaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:2012沖縄 ( 27 ) タグの人気記事


総集編

エスカルゴ「太平洋小三角」


 沖縄本島の南端、屋武埼(キャンザキ)灯台と荒崎を左に見て
オートヘルムの-10ボタンを数回押し進路を93度(東)に設定する。
舟の前方には、水平線と雲しか見えない。
約800マイル 先には、小笠原諸島があるはずなのだが・・・。
b0139168_11103981.jpg


 やがて、後方の沖縄本島も水平線の彼方に消え
360度水平線の世界になった!

この360度水平線の世界に住んでいるのは、
海・風・波・雲・太陽・月・星、たちで
人間の匂いのする物は、一切存在していない。

ホームの瀬戸内海だと
必ず
島の護岸・送電線や集落が見え、色々な船とも出会う。
海に出ても
人間の匂いのする物だらけなので、
きっと
地球は、人間が支配しているのだと思っていた。
しかし、
この世界に入ってみると
支配しているのは、
海・風・波・雲・太陽・月・星たちであって
我々人間では無い事に気がつく。
人の匂いのしない、この世界こそが本当の地球だと感じる。
b0139168_11134053.jpg


 青空とまぶしい太陽の下
水平線には、入道雲が、もくもくと立ち上がって
フェンスになり我々の全周を取り囲み立ちはだかる。
そして、上空の太陽と雲は、
侵入者「エスカルゴ」を興味深そうに見下ろしている。
波と、そよそよの風達は、次から次へと近寄っては離れて行く。
きっと、侵入者を観察しているに違いない。
機嫌を損ねると、ひとたまりも無い。
大きな波一つで、簡単に海に飲み込まれてしまう。
だから
そっと、静かに、ゆっくり、息をひそめて・・・。
b0139168_1114325.jpg


 太陽が、はるか水平線に沈むころ
立ちはだかっていた水平線の入道雲達は、オレンジ・黄・朱色に輝き
海、波たちも黄金色に染まる。
侵入者「エスカルゴ」を暖かく包み込んでくれた。

「ありがとう。」
b0139168_11143634.jpg

b0139168_11145361.jpg

b0139168_1115119.jpg

b0139168_11152446.jpg


 夕焼けショーの次は、
空に、星が輝き始める。
大空劇場・天体ショーの始まりだ。
ステージは、大宇宙だ。

空飛ぶ鯨がひしゃくで海の水を汲んでいる。
熊やライオン、象やキリンもいる。
北斗七星・北極星・カシオペア・さそり座・・・
ほかの星座の名前は、分からない。
あとは、自分で勝手に名前をつける。
間違っていても「なんくるない。」
正しい名前だって、所詮人間が考えたものだから・・・。
きっと、
星には、本当の名前があるはず・・・。
でも、人間には教えてくれない。

 天体ショー・ステージに黒幕が下りて夜空は、真っ暗になる。
ステージ西の方から雷雲が稲妻を海に落としながら登場する。
「ピカッ・ピカッ・ドッゴロゴロ。」
爆音で海までが振動する。
東・北・南からも雷雲が沢山登場し縦横無尽に踊りまわる。
稲妻・雷雲ダンスの始まりだ!
大粒の雨と爆風をまき散らし、スパークでリズムをとる。
波たちは、白波をたてて喝采する。
どうやら
「エスカルゴ」は、ステージ中央に迷い込んだようだ!
b0139168_11155451.jpg


  ステージ東の照明が徐々に明るくなって
夜の部の終演を向かえる。
昨日、西に沈んだ太陽が、今度は東から登場する。
その頃
星は、一つ二つと消えて、
天空ステージを太陽に譲る。
b0139168_11163164.jpg

b0139168_1118557.jpg


こんな、スケールの大きなショーが、
24時間・毎日・永遠に開催されている。
しかも、毎回プログラムを変えて
スペシャルゲストで「台風」も登場する。

こんな世界に、人間は絶対、住めない!

ちょと、お邪魔するだけで、精一杯だった。


----------------------------------------------------------------

b0139168_1119666.png


2012年     発                           着
4月13日0000沖野島マリーナ       105nm →    13日1400愛南町(旧西海)
   14日0700愛南町(旧西海)       214nm →     15日1420屋久島・宮之浦
   16日0715屋久島・宮之浦        65nm →    16日1800中之島
   17日0700中之島              56nm →    17日1630宝島
   18日0715宝島               61nm →    18日1800奄美・古仁屋
   19日          時化の為、古仁屋滞在
   20日          時化の為、古仁屋滞在
   21日          時化の為、古仁屋滞在
   22日0600奄美・古仁屋           85nm→    22日1700与論島
   23日0700与論島              65nm→    23日1650沖縄・宜野湾
   24日0815宜野湾              23nm→    24日1400慶良間
   25日0800慶良間              23nm→    25日1300宜野湾
   26日          宜野湾、滞在
   27日0600宜野湾              175nm→    28日0930宮古島
   29日          宮古島、滞在
   30日          宮古島、滞在
5月01日          宮古島、滞在
   2日1430宮古島              170nm→      3日1300渡嘉敷1700座間味
   4日           座間味、滞在
    5日0900座間味               28nm→      5日1430宜野湾
    6日           宜野湾、滞在
    7日・エスカルゴを宜野湾マリーナへ預け、飛行機にて広島へ帰る。

7月05日0600宜野湾               212nm→      6日1830南大東島
    7日1410南大東島             595nm→    13日0930父島
   13日~17日       父島、滞在
   17日1630父島                 598nm→    22日2000土佐清水
   23日0930土佐清水               56nm→    23日1930佐伯
   23日0500佐伯                 90nm→    24日1930広島観音

                      総航行距離:2621nm

b0139168_11301070.jpg

[PR]

by eekaze | 2012-08-28 11:30 | ヨット

台風

b0139168_9464611.jpg

エスカルゴ・日本の南クルージング、後半の日程。
6月20頃 広島を発つつもりだったが、
相方のEZ総長の都合により、7月4日に決定した。

コースは、
宜野湾→南大東島→小笠原→広島
天候次第だが、15日から20日以上は、かかりそうだ。
うまく完走できれば
これで、太平洋小三角コースが完成する。
(なぜ小なのか?)
(太平洋は、もっと大きいから)
b0139168_959187.jpg


さっそく、作業にかかる。
JCIの航行区域の臨時変更検査の書類を作成送付。
飛行機の切符の手配。

ううぉぉ~
徐々に緊張感が高まってくる。

何気に天気情報を見ると・・・。

台風3号が
沖縄と大東島をかすめて通過している。
b0139168_8575910.jpg


折りにも、我々が進もうと考えてるコースなのだ。

ピッタリじゃん!

また、また、緊張感が高まってきた!


b0139168_9595549.jpg

[PR]

by eekaze | 2012-06-05 09:48 | ヨット

あれから1週間

エスカルゴを宜野湾マリーナへ置いて
広島へ帰る飛行機の窓から見た「チービシ」。
b0139168_104187.jpg

-------------------------------
南の島での出来事、
波・風の音、
空・雲・風のささやき。

心身に染みついた「余韻」が、
日々
少しづつ
「思い出」に変わっていく。

ふと、帰りの航海の事が頭をよぎる。
まったく、準備ができてない。
何より、乗員が決まってない。
「なんくるないさぁ」と思う。
まだ、抜けきってない。
===============

久々にバイクを出した。
b0139168_8504115.jpg

これまで、
燃料漏れ・タンクの錆・アフターファイヤー・エンジン火災
色々トラブルがあった。
今日は、無事に走ってほしい・・・。

TRさんと2台で、
八幡高原「ファーム・ノラ」を目指す。
天気もいいし、快適ツーリング♪
と、思いきや
突然、高速道路でエンジンが止まる。
(原因不明)
道路の左端に止まるしかない。
高速道路の左端、これは結構、すごいand 怖い。
あわてず、落ち着いて再度セルを回す。
OH! エンジン復活!
しかし、1㎞ほど走るとまた同じ現象が・・・。
サービスエリア手前500mほどだったので
ニュートラルにして惰性でサービスエリアへ入る。

高速で走ると燃料の供給が間に合ってないように思える。
ガソリンタンクの中のエレメントが詰まっているのか?
もっと、ほかの原因か?
いずれにしても、この場所での修理は不可能なのだ。

いつ止まるか分からないので、安全な下道を走る事にして
次の広島北で降りる。
(広島北までにも1回止まった)

下道のスピードなら、まったく問題なく快適に走る。
八幡高原に近づいたころ
タコメターの針が3500回転で止まっている。
スピードメーターの針も0kmで止まっている。
何んじゃこれ?
まあ、ちゃんとエンジンは、回っているので
「なんくるないさぁ」って事にして
一路、ファーム・ノラへつき進む。
--------------------------------------------
「ファーム・ノラ」
海で活躍されていたMTさんが、
今は、八幡高原で山生活をしている所。
奥様が料理が上手で食事ができるようになっている。
石釜で焼いた「ピザ」と「パスタの赤」を注文する。
ビールかワインと言いたい所だが、
今日は、バイクなので「水」でがまんする。
b0139168_9462399.jpg

ベンチで横になり見上げると、
小高い木々の枝には、
新緑の小さな芽が、大きな葉っぱになろうと育っている。
木々や草で、ろ過されたさわやかな風が
周期的にやってきて、体の中を駆け巡る。
とっても、いい気持ちになり、
昨日の楽しかった事など思いだしながら・・・。
うと、うと、眠ってしまった。
b0139168_9471717.jpg

-----------------------------
そして、
森の妖精の夢を見た。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村
[PR]

by eekaze | 2012-05-14 09:47 | ヨット

沖縄方面クルージング

25日間のクルージングを
3分14秒にまとめました。


[PR]

by eekaze | 2012-05-10 16:39 | ヨット

5月5・6日 前半・最終日

5月5日
いよいよ、宜野湾マリーナへ帰る日がやって来た。
朝9時、NGさんの見送りを受け座間味の桟橋を離れる。
天気は、晴れ
風は、北東の風そよそよ。
ほとんど前からの風なのでセールは使えない。
慶良間諸島の端、ライオン岩・そして亀岩を見ながら
思い出の慶良間をあとにする。
b0139168_1251433.jpg

b0139168_1252432.jpg


時間が充分あるので、チービシへ大接近を試みる。
リーフの中へ入って見たかったが、
最干潮時間なので、リーフ内へ進入するのは、断念する。
また今度だ!
b0139168_12521046.jpg

ーーーーーーー
宜野湾マリーナへ1400到着。
これで、日本の南方クルージング前半が終了した。
なぜか
感じる物がありそうで無い。
b0139168_12531954.jpg

ーーーーーーー
今回、カタマランの安定性には本当に驚いた。
外洋では、20ノット程度の風でも結構波が立つ。
しかし カタマランは、
当然、揺れはあるもののローリングがほとんど無い
テーブルの上のコップ等も倒れる事は無かった。
これまでモノハルしか経験が無かったので
これは、新感覚だった。
そして、体力的にもとっても楽だった。
ーーーーーーーー
5月6日
船内物を干してシーツを洗濯する。
空気も乾いてとても心地が良い。
しばらく、エスカルゴともお別れになる。
また、迎えにくるから!
しばらく待ってておくれ! エスカルゴ。
沢山の思い出をありがとう。
b0139168_12541648.jpg

[PR]

by eekaze | 2012-05-06 12:54 | ヨット

5月4日

5月4日
朝食を済ませ、いそいそと自転車に乗り阿真ビーチへ行く。
ここは、ウミガメポイントらしい。
前回4月25日に来たときは、波風が強く海に入るのを断念した経緯がある。
今回は、水は冷たいものの波風が無い。
「ようし、行くで!」
意を決して海に入る。
海底を見ながら、適当に沖へ向かう。
遠浅になっており2m程度の水深が沖合50m以上まで続く
30mほど沖合に来たとき、なだらかな海底に大きな岩の様な物が見える。
よ~く見たら、手足が付いている。
「おおおお~亀」
ついに会えた! 感激・感激!
亀は、海底に生えている海草をゆっくり少しづつ食べている。
10分に一回程度、息継ぎに海面に上がる。
人間が近づいても、逃げようともしない。
「この背中に乗ったら、竜宮の乙姫様に逢える?」
海底に潜ろうとするが、身体が沈まない。
ライフジャケットを着ていた。
「・・・。」
海岸に「亀の身体に触らないで!」って看板があったし、
そうっと見るだけにしよう。
b0139168_8442872.jpg

b0139168_8454178.jpg

所々に点在する珊瑚には、熱帯魚が沢山泳いでいる。
イソギンチャクには、クマノミがいた。
大小ペアになっており、近づくと大きい方が威嚇にやってくる。
港から自転車で10分、ここは、最高に素晴らしいビーチだ!
b0139168_8464883.jpg

b0139168_847648.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おっさん5人衆の内4人は、原付レンタバイクを連ねて島内観光に出かけた。
EZ総長は、親衛隊を引き連れて先頭を走る。
が、
アクセルを緩めず、足でバイクを止めようとする。
危なくってしょうがない。
どうも、バイクに乗るのは始めてらしい。
どうにもならないので、後部座席に乗って頂く。
そして、
○暴EZ会・総長率いるバイク連は、爆音とともに島内を駆けめぐっていった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お待ちかねの夜になった。
昨夜のNGさんが、知り合い2名を連れて来てくれる。
毎度おなじみの夜が始まった。
このハイテンションは、どこから出るんだろう?
「座間味うこん」のおかげ?
泡盛「残波」の空き瓶が並んで転がっていった。
[PR]

by eekaze | 2012-05-06 08:47 | ヨット

5月3日

5月3日
北の風15~20ノット
機帆走でやっとセールに風が入るクローズ片上り
オーバーナイトで航行する。
予定より早く慶良間諸島・渡嘉敷島の入り江に到着。
ここは、今クルージング2度目の訪問になるが、
何度来ても、素晴らしい。
コバルトブルーの海と白い砂浜
アンカーリングして夕方まで思い思いに過ごす。
テンダーで上陸したり、ビールを飲んで昼寝したり、○○したり。
b0139168_19314198.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夕刻、座間味港に入港
高速艇の最終便出発を待って、高速艇の桟橋に係留する。
そして、
いつものように、夕食・宴会がはじまる。
「あかばぁな」で知り合ったNGさん
エスカルゴ・アイランダーズに本物のキーボード奏者が入団する。
OH! 両手で鍵盤を!
オーバナイトで航行してきた疲れは、どこへ?
「歩こう!歩こ!私は、元気・・・♪。」
なんてタフな「おっさん達」なんや!

そして、
座間味の夜は、更けてゆく。
[PR]

by eekaze | 2012-05-05 19:34 | ヨット

5月2日

5月2日
朝から特に予定もなく
おっさん4名思い思いの時を過ごす。(自由行動)
b0139168_121264.jpg

洗濯・レンタバイク・・・。
宮古島も、もう充分堪能したし、
何より蒸し暑い。(船内湿度計は、90%を越えている)
天気情報によると、今吹いてる南風は明日から北に変わるらしい。
ようし! 今日出港しよう! 
しかし、
今日、広島から飛行機を乗り継いでKUさんがやってくる。
そうなると
KUさんは、空港から港まで車窓でしか宮古島を見る事が出来ない。
どうする? なんくるない!
エスカルゴでは、よくあるパターンなのだ。
予定通りKUさんがやってきた。
即、出港しようとするが
KUさんの手には、ピンクのモエが・・・。
すぐ出港する? 無理?
そうだ!
昨日の夜光貝の残りがある。
それを使うんだ!
先着4人衆は、夜光貝を使ってピンクのモエをゲットした。
そして、
もやいロープを解いた。
(詳細説明、不可能)
b0139168_12125897.jpg

ーーーーーーーーーーーー
目指すは、慶良間諸島!
オーバーナイトで明日は、
あの思い出の島々だ!
また、ドキドキになった。
[PR]

by eekaze | 2012-05-03 12:13 | ヨット

5月1日

5月1日
乗員は、EZトミーを迎え4名になった。
4人の侍は、朝からレンタカーで島内観光に出る。
特に行くあてもなく、お決まりの島一周。
まずは、コンビニで燃料を調達する。
さっそく後部座席では、「プッシュ~」泡がはじけた。
海中公園へ行くが、まだ開園時間前だった。
「スカ~」
あとでやり直すとして、最北の池間島をめざす。
「雪塩ミュージアム」の看板が見える。
つかさずタック!
浸透膜を使い、パウダー状の塩を作る工場だった。
製造工程等を説明してもらい
しっかり「雪塩」を買って、北へ向かった。
キーウェストを連想する橋を渡り
最北の池間島を一周して、橋を渡り終えた駐車場で
「雪塩」で出会ったIYさんを見かける。
IYさんは、1人で自転車で回っていると言う。
お疲れのご様子だ。
知り合ったのも何かの縁、
自転車を車に積み、5人旅になった。
b0139168_12355748.jpg

b0139168_12362476.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後部席の人達の興味は、IYさんに向いている。
「今だ!」
運転手件ガイドは、運転に疲れていたので
島一周をやめてショートカットして港に帰った。
きっと
乗員は、島を一周したと思い込んでいるに違いない。
b0139168_1237395.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夜は、EZトミーの念願の「夜光貝」を入手
「夜光貝」って巨大なサザエのような貝で味は、ニシに近い。
とにかくでかい。
写真の一升瓶とと大きさを比べて~
b0139168_12372461.jpg

そして
宮古の夜は、更けて行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追伸:
バンド「エスカルゴ・アイランダーズ」に
素晴らしいダンサーが加わった!
アロハ~オエ~
さらば、宮古よ~
さらば、・・・よ~
ありがとう。
[PR]

by eekaze | 2012-05-02 12:41

4月30日

4月30日
天気・梅雨の合間の晴れ
風・南の風20~25ノット

来間島・北のポイントに、ダイビングに行く。
マスクからの浸水を防ぐため
2週間以上ためた、ひげをそった。
鏡を見る。
「つんつるてん」になっている。
「・・・。」
b0139168_1139377.jpg

ポイントは、来間島のブランケットの穏やかな
初心者向けのいいポイントだった。
水深7m
直径約10m高さ5m程度の珊瑚が点在する。
珊瑚の間には、カラフルな熱帯魚、
イソギンチャクには、クマノミ。
自分のマスクを「つんつく・つんつく」攻撃してくる魚もいる。
透明度も高く10m先も余裕で見える。
手に持ってるのは、ナマコ
b0139168_1139302.jpg

サザエでもおらんかのう~
ゴソゴソ・・・。
b0139168_1140747.jpg

b0139168_11461713.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
午後、竜宮の余韻にひたり
まったりしている所へ
第4の男、EZさん
再登場!
なんで、長袖??
b0139168_11412863.jpg

[PR]

by eekaze | 2012-05-02 11:41 | ヨット